« 前  

2016年8月23日(火)

  次 »
  • ノースダコタ州では、ミズーリ川を汚染する恐れがあるとして、予算38億ドルのダコタ・アクセス・パイプライン建設計画に対する先住民活動家の抗議が続いています。全米の数十の部族からの1000人以上の先住民活動が、4月1日にスタンディング・ロック・スー族によって設営された「聖なる石のスピリット・キャンプ」(Sacred Stone Spirit Camp)にやってきました。これまでに抗議行動によって、パイプラインの一部の工事が止まっています。スタンディング・ロック・スー族はさらに、パイプラインの承認をめぐり、米国陸軍工兵司令部を相手に訴訟を起こしました。スタンディング・ロック・スー族の代表デーブ・アーシャンボルトに、さらに詳しく話を聞きます。彼は、8月24日に同部族の訴訟の公判が行われるワシントンDCにいます。

  • ノースダコタ州では、様々な部族から1000人以上の先住民活動家たちが、「聖なる石のスピリット・キャンプ」(Sacred Stone Spirit Camp)に集まり、予算38億ドルのダコタ・アクセス・パイプライン建設計画阻止の抗議行動をおこなっています。抗議者たちは、このパイプラインは、スタンディング・ロック・スー族だけでなく、下流に住む数百万人の人々に水を供給するミズーリ川を汚染する恐れがあると言います。アメリカ先住民活動家で、団体「地球を尊重しよう」(Honor the Earth)の代表であるウィノナ・ラデュークから、さらに詳しく話を聞きます。彼女はミネソタ州北部の「ホワイト・アース居留地」(White Earth Reservation)で生活しています。

  • オクラホマ州で8月19日、レバノン系米国人のカリド・ジャバラの葬儀が行われました。警察によると、彼は憎悪犯罪の可能性もある事件で彼の隣人によって射殺されました。警察は、犯人のスタンレー・メジャーズは第一級殺人罪で起訴されると話しています。メジャーズは何年もの間、ジャバラの家族に嫌がらせをしていました。8月12日の殺人は、メジャーズがジョギング中のジャバラの母親を車で轢いた罪で逮捕、収監されてからわずか1年足らずの出来事です。母親のハイファ・ジャバラは当時、メジャーズが彼女を脅し嫌がらせをしたとして、メジャーズに対する接近禁止命令を取得していました。しかし8カ月後、タルサ郡検事たちが彼を「一般市民に対する重大な危険」と呼んだにも関わらず、メジャーズは6万ドルの保釈金で釈放されました。カリドの兄妹であるラミ・ジャバラとビクトリア・ジャバラ・ウィリアムズに、さらに詳しく話を聞きます。

  • オクラホマ州タルサではカリド・ジャバラ家族が彼の死を悲しんでいます。番組では2015年に起こったノースカロライナ州チャペルヒルでの似たような射殺事件を振り返ります。2015年、ラザン・モハマド・アブサルハ、ユソル・モハマド・アブサルハ、そして彼女の夫デア・シャディ・バラカトは、白人の隣人によって射殺されました。ラザンは19歳、ユソルは21歳、デアは23歳でした。警察は当初、殺害は駐車場をめぐる口論が原因と述べましたが、犠牲者の親族たちは、この殺害は憎悪犯罪だと表現しました。犯人のクレイグ・ステファン・ヒックスは、3つの第一級殺人罪で起訴されました。ラザンとユソルの父親で、デアの義父であるモハマド・アブサラ博士に、さらに詳しく話を聞きます。

Syndicate content