« 前  

2016年8月17日(水)

  次 »
  • シリアでは戦争がさらにエスカレートしています。ロシアは、イランの空軍基地を拠点にした空爆を開始しました。ニューヨーク・タイムズ紙は、外国の軍隊がイラン国内にある基地を利用して作戦を行ったのは第2次大戦以降初めてと報じています。この動きは、シリア最大の都市アレッポの周辺で戦闘が激化する中で起こったものです。アレッポはシリア政府軍側により包囲されていましたが、今月初め、政府と戦う反体制派が、包囲を打破するため、新たな攻勢を開始しました。反体制派の一部は、7月までアルカイダと連携していたヌスラ戦線の分派が主導権を掌握しています。赤十字国際委員会はアレッポをめぐる戦いを「間違いなく近代における最も悲惨な市街戦の一つ」と表現しています。国連は、数百万人が水と電気を断たれて孤立する中、非常に深刻な人道的危機が起こっていると警告しました。シリアにおける人道的危機と医療の危機について、「米国シリア救済連合」(American Relief Coalition for Syria)の創設者、「シリア系アメリカ人医学会」(Syrian American Medical Society)の上級顧問で元代表のザヘル・サルール医師に詳しく聞きます。サヘールは、戦争開始後5回、アレッポを訪れています。

  • ヒラリー・クリントンは、元内務長官のケン・サラザールを政権移行チームのトップに起用すると発表しました。サラザールは、元コロラド州選出上院議員で、現在は、ワシントンで最も大きな影響力を誇るロビー団体の一つ、ウィルマーヘイルで働いています。フラッキングやTPP、キーストーンXLパイプラインの熱心な支持者であるサラザールの人選には、いくつかの団体が批判の声を上げています。ケン・サラザールと共に選出された政権移行チーム幹部には、オバマ政権で国家安全保障担当補佐官を務めたトム・ドニロン、「アメリカ進歩センター」(Center for American Progress)所長のニーラ・タンデン、前ミシガン州知事のジェニファー・グランホルム、ハーバード大学の「政治研究所」(Institute of Politics)事務局長のマギー・ウィリアムズらが名を連ねています。「インターナショナル・ビジネス・タイムズ」(International Business Times)の調査担当上級エディターのデビッド・シロタに詳しく聞きます。

  • ニュージャージー州では、議員らがこのほど、警察の関与によるすべての死亡事件を州司法長官が見直すことを義務づける法案を提出しました。ニュージャージー州のこの法案の主要な推進者の一人となったのが、ニュージャージー州の団体「進歩のための市民の組織」(People’s Organization for Progress)の議長を務めるラリー・ハムです。デモクラシー・ナウ!は先日、フィラデルフィアで行われた民主党全国大会で、ハムと俳優のダニー・グローバーに話を聞きました。

Syndicate content