« 前  

2016年8月8日(月)

  次 »
  • 米「緑の党」は先週末、テキサス州ヒューストンで党大会を開き、医師のジル・スタインが同党の大統領候補指名を正式に受諾しました。ヒラリー・クリントンがバーニー・サンダースを破って民主党の大統領候補を勝ち取ってから数週間、緑の党への関心は急速に高まっています。スタインは2012年にも、緑の党候補として大統領選を戦いましたが、全国での得票率は1%に届きませんでした。しかし複数の世論調査をまとめたCNNの統計(Poll of Polls)によると、スタイン候補の支持率は現在、5%にまで高まっています。同調査によると、クリントン候補の支持率は45%、共和党のドナルド・トランプ候補の支持率は35%、リバタリアン党のゲーリー・ジョンソン候補の支持率は9%となっています。しかしスタイン候補もジョンソン候補も、全国での支持率が15%に達しなければ、秋に行われる大統領候補討論会に加わることはできません。ジル・スタインの党大会での発言の一部に目を向けましょう。

  • 米「緑の党」は先週末、テキサス州ヒューストンで党大会を開き、ジル・スタインと大統領選を戦う副大統領候補に人権活動家のアジャム・バラカを指名しました。バラカ候補は、「合衆国人権ネットワーク」(US Human Rights Network)の創設者・事務局長であるほか、米国に拠点を置く「黒人左派連合ネットワーク」(Black Left Unity Network)の国際情勢委員会のコーディネーターも務めています。バラカ候補はまた、アムネスティ・インターナショナルUSAや「憲法上の権利セン ター」(the Center for Constitutional Rights)、「アフリカ・アクション」(Africa Action)の理事も務めてきました。党大会でのバラカ候補の受諾演説と記者会見での発言に耳を傾けましょう。

  • ウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジは先週末、テキサス州ヒューストンで行われた米「緑の党」の党大会に参加し、ビデオストリーミングを通じて話しました。アサンジが4年以上にわたってロンドンのエクアドル大使館に足止めされているのは、エクアドル大使館を一歩でも離れれば、英国警察に逮捕され、最終的に米国に引き渡される恐れがあるからです。米国では、ウィキリークスの文書漏洩をめぐって、アサンジに対する秘密起訴状が存在すると言われています。緑の党の元大統領候補デビッド・コブがアサンジと話します。アサンジは、2万通にのぼる民主党全国委員会(DNC)の内部メールのウィキリークスによる公開から話を始めました。

  • 米「緑の党」の党大会が先週、テキサス州ヒューストンで行われ、ウィキリークス創始者のジュリアン・アサンジがビデオストリーミングを通じて話しました。アサンジは著作のWhen Google Met WikiLeaks(『グーグル ウィキリークスと出逢う』)や、ヒラリー・クリントンと国務省、巨大インターネット企業グーグルとの関係について語りました。

  • ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジは先週、テキサス州ヒューストンで行われた米「緑の党」党大会にビデオストリーミングを通じて参加、11月の本選を前に急速に高まりつつある緑の党の人気について語りました。複数の世論調査をまとめたCNNの統計(Poll of Polls)によると、スタイン候補の支持率は現在、2012年の大統領選での得票率1%から5倍に急上昇し、5%に達しています。

  • ウィキリークス創始者ジュリアン・アサンジは先週、テキサス州ヒューストンで行われた米「緑の党」党大会にビデオストリーミングを通じて参加、2016年大統領選での企業による情報コントロールについて語りました。アサンジはさらに、緑の党の大統領候補ジル・スタインに対する攻撃は11月の本選が近づくにつれて急増するだろうと予測します。

Syndicate content