« 前  

2016年7月8日(金)

  次 »
  • テキサス州ダラスで警官5人が射殺され、6人が負傷しました。警官たちはデモの警戒にあたっていたところでした。このデモは、最近ルイジアナ州バトン・ルージュでアルトン・スターリングが警官に射たれたり、ミネソタ州のファルコン・ハイツでフィランド・カスティルが警官に射たれたことに抗議するものでした。当局は、犯人をミカ・ザビエル・ジョンソンと特定。彼はこう着状態が続いた末、警官ロボットによって射殺されたと警察は発表しました。警察署長デヴィッド・ブラウンは記者会見で、警察官たちは彼を殺害する前に交渉したと語りました。犯人は「白人を殺したかった、特に白人警官を」と警官に告げていたそうです。オバマ大統領のコメントを聞いた後、元ニューヨーク市警察刑事グラハム・ウェザースプーンに話を聞きます。

  • 現在までのところ5人の警官が死亡し、6人が負傷したダラスの襲撃事件は、少なくとも一人のスナイパーによって行されました。発砲が始まったのは現地時間午後8時45分頃で、警官による暴行を終わらせるよう要求する平和的なデモの終盤でした。アルトン・スターリングがルイジアナ州バトン・ルージュで、フィランド・カスティールがミネソタ州ファルコン・ハイツで警官に射殺されたのを受け、このところ警官の暴行や国家の暴力行使への抗議が全国に広がっています。警官による暴行に対する動きについてマーク・ラモント・ヒルに話を聞きます。「ダラスの事件があったからといって、国家暴力への信念に基づいた批判をやめるわけにはいきません。殉職した警官の数よりもずっと多くの人命が警官の手で失われているのです」

  • ルイジアナ州バトン・ルージュで5日午前に警官によってアルトン・スターリングが射殺されて4日が経ちますが、現地では今も抗議行動や通夜が続いています。スターリングは、37歳のアフリカ系アメリカ人で、5児の父親でした。関与した警官2名は、とも白人でした。現場に居合わせた人の動画では、2人の白人警官がスターリングを地面に押さえつけ、そのうちの1人がスターリングに向かって少なくとも2回発砲しています。この2名の警官ブレーン・サラモーニとホウイー・レイクの逮捕を要求している全米黒人地位向上協会(NAACP)バートン・ルージュ支部代表のマイケル・マクラナハンに話を聞きます。

  • ミネソタ州では7日、何千人もの人がフィランド・カスティールのための徹夜祭に参加しました。カスティールが勤務していたモンテッソーリ学校の外に多くの人々が集まりました。セント・ポールにある州知事邸の外にも2日連続で人々が集まり、カスティールの恋人ダイヤモンド・レイノルズ(気前のよいレイノルズ)が演説をしました。カスティールが射殺された直後、レイノルズはまだ車内にいて、警官が彼女と幼い娘に銃口を向ける様子をビデオに撮り、フェイスブックでライブ配信しました。彼の遺体が隣に横たわる中、彼女は状況を語りました。レイノルズは州知事邸の外でのスピーチで、射殺事件の直後の様子をライブストリームで流した理由をこう話します。「この警官たちは私たちを守ったり、私たちの役にたとうとしてここにいるのではないと、世界に知らせるためです。彼らは私たちを暗殺するためにいるのです。彼らは私たちを殺すためにいます。私たちは黒人だからです」。

  • ルイジアナ州バトン・ルージュでアルトン・スターリングが、ミネソタ州ファルコン・ハイツでフィランド・カスティールが警官によって殺害されたのを受け、警官の暴行に対する抗議が全土に広がっています。カリフォルニア州オークランドでは、州間高速道路880号線を1000人以上の人が何時間も妨害しました。そして、さらにデンバー、フィラデルフィア、ワシントンD.C.、アトランタ、バトン・ルージュでは何百人もの人々がデモ行進を行いました。ニューヨークで行われた大規模なデモ行進では40人以上が逮捕されました。デモ参加者に話を聞きます。

Syndicate content