« 前  

2020年12月28日(月)

  次 »
  • 【20/12/28/1】トランプ大統領は突然、9000億ドルの新型コロナウイルス対策予算を含む2兆3000億ドルの歳出法案に署名しました。法案には、ほとんどの成人が対象となる1人600ドルの現金給付、失業手当の延長、小規模企業への援助、ワクチン配布費用、立ち退きを禁止する連邦措置の一時的な延長などが含まれています。一方、署名の遅延により二つの失業救済プログラムが失効し、休暇をはさんで数百万人が不安の中に投げ込まれました。トランプはまた、アメリカ人の大半を対象とした2000ドルの現金給付を認めるよう法案の修正を議会に求めていましたが、共和党員の多数はこれに反対し、民主党指導部は賛成していました。カリフォルニア州選出のロー・カンナ民主党下院議員は、「署名の遅延や人々の不安に対する責任がトランプ大統領にあることは疑いがないと思っています。しかし1人2000ドルの現金給付が実現しないことについては、ミッチ・マコーネル共和党上院院内総務や共和党員に責任があります」と言います。

  • 【20/12/28/2】トランプ大統領は先週、軍事予算7400億ドルを含む2020年度国防権限法(NDAA)に拒否権を発動しましたが、議会は拒否権を覆すとしています。トランプ大統領は、ソーシャル・メディア企業を保護する免責条項、そして現在南北戦争時の南軍司令官にちなんでつけられている基地の名称変更に反対するとして拒否権を発動しました。民主党下院議員のロー・カンナは、「トランプの拒否権発動の動機は不純」だが、拒否権を覆すためには投票しないと言います。「問題は7400億ドルという過大な防衛予算です。優先順位が間違っています」。

  • 【20/12/28/3】移民税関捜査局(ICE)によってジョージア州アーウィン郡収容所に収容された移民女性数十人がICEを相手取り、同意のない侵襲的な婦人科処置と手術を受けさせられ子どもを持つことが不可能となった人もいるとして、集団訴訟を起こしました。これらの処置は不要であったことが後に判明しています。訴状には、ジョージア州オシラのマヘンドラ・アミン医師の治療に関する少なくとも35人の女性による宣誓証言や、訴えに対する報復や本国送還の威嚇があったことが記されています。「プロジェクト・サウス」(Project South)の法律・広報責任者で共同弁護団の1人でもあるアザデ・シャシャハニは、「ICEが絶え間なく彼女たちを黙らせようとしたにもかかわらず、40人以上の女性が法廷宣誓証言を提出しました」と言います。不必要な医療処置を受けたと主張する女性2人に聞きます。ウェンディー・ドーウェは、同意のないままに卵管を切除されたと発言した後に、ジャマイカへ強制送還されたと言います。現在アーウィン郡のICE収容所にいるエリザベスは、不必要な医療処置を受けたと発言したため報復に直面していると言います。

Syndicate content