« 前  

2020年12月10日(木)

  次 »
  • 【20/12/10/1】飢えと安定した食料供給に取り組む世界最大の人道組織、世界食糧計画(WFP)が12月10日、ノーベル平和賞を受賞しました。WFPの事務局長デイビッド・ビーズリーは、授賞式で演説し、紛争、気候変動危機、そしてCOVID-19という複合的問題のために2億7000万人が飢餓に瀕していると警告しました。「多くの戦争、気候変動、飢えが、政治的、軍事的武器として広範囲に利用されていること、そして世界的なコロナウィルスのパンデミックのせいで、事態は急激に悪化しており、2億7000万人が飢餓に直面しています。彼らが必要としているものを届けられなければ、飢えのパンデミックはCOVID-19の影響を遥かに超えるでしょう」

  • 【20/12/10/2】世界食糧計画(WFP)がノーベル平和賞を受賞しました。本日は、パンデミック、気候変動危機、戦争が広がる中、急増する世界的な飢餓について見ていきます。米国では、年末までに子供4人に1人を含む5000万人が食料不足に直面すると見られています。「飢餓は、必ずしも自然災害から起きるものではないと知る事が重要です」と、「憂慮する科学者同盟」(Union of Concerned Scientists)の食料および環境プログラムのディレクター、リカルド・サルバドールは言います。「これは私たち人間がお互い対して意図的にしたことの結果である場合が多いのです」

  • 【20/12/10/3】進歩派、環境保護および労働活動家は、次期大統領ジョー・バイデンが、オバマ政権でも農務長官を務めたトム・ビルサックを再び農務長官に指名することに反対しています。反対派によれば、ビルサックは農務長官時代に農家よりも農業関連企業の利益を優先し、規制緩和と遺伝子組み換えされた除草剤抵抗性の作物の生産を支持してきました。全米黒人地位向上協会(NAACP)は、ビルサックが農務省(USDA)の元職員シャーリー・シェロードの2010年の解雇に関わっていたことから、彼は再び長官職につく資格はないと指摘しています。バイデンがビルサックを指名することは、農務省を改革する好機を逃すものだと、「憂慮する科学者同盟」(Union of Concerned Scientists)」食料および環境プログラムのディレクター、リカルド・サルバドールは言います。「長官職経験者を再び起用するのは、新たな方向性を目指すとはいえない。それは現状維持でしかありません」

  • 【20/12/10/3】エチオピアのアビィ・アハメド首相は2019年、エチオピアとエリトリアの20年に渡る「戦争状態」を終わらせた功績を認められノーベル平和賞を受賞し、多くがこの地域に新たな平和の時代が来たことを歓迎しました。しかし僅か1年後、アハメド首相は北部ティグレ州で軍事行動を展開し、数万人の市民が住む場所を追われました。11月初め、エチオピアがティグレ人民解放戦線(Tigray People’s Liberation Front)に戦争を宣言して以来、数千人が犠牲となり、少なくとも1度大量虐殺が行われたと報じられています。エチオピアは北部ティグレ州で、連邦軍が国連職員に向け発砲し彼らを拘束したことを認めていますが、これはエチオピアが禁止区域であると主張する地域に国連職員が入ろうとしたためだと主張しています。英国のキール大学法学部のエウォル・アロ准教授は、アハメド首相をノーベル平和賞にノミネートしたひとりでしたが、今では彼がこの地域の平和への希望を打ち砕いたと言います。「エチオピアでは希望と楽観主義が盛り上がり、変化へのビジョンが見えていたのに、過去2年の間に、エチオピアだけでなくアフリカの角地域全体をも脅かしかねない完全な内戦状態へと陥りました」

Syndicate content