« 前  

2020年7月2日(木)

  次 »
  • 先住民族政府はトランプ大統領にラシュモア山での独立記念日祝賀行事を中止するよう要請しています。本日は、先住民の人々がなぜ長年、ラシュモア山記念碑の除去を求めてきたのかを見ていきます。この記念碑はKKK(クー・クルックス・クラン)とも繋がりのある彫刻家がデザインしたものを、先住民族にとって神聖な山であるブラック・ヒルズに彫って作られたものです。「この山は我々にとって非常に神聖な地なのです」と、NDNコレクティブの社長兼CEOのニック・ティルセンは言います。「我々の土地を奪い、先住民を大虐殺した植民地入植者である白人男性4人の顔をそこに彫るのは、とんでもない暴力行為です」

  • 人種差別と国家暴力に反対する大型デモが続く中、社会運動はトランプ大統領の敵対心としっぺ返しと闘うだけでなく、「バイデン問題」にも取り組むべきだと、歴史家で作家、活動家でもあるバーバラ・ランスビーは言います。「ジョー・バイデンはどうみても我々の理想的な大統領候補ではありません。ジョー・バイデンに対し厳しい目を向けるべきであり、当選後は彼のすることについて責任を問うべきです。しかし、まずは11月にトランプを落選させなければなりません」

  • 米陸軍は、テキサス州フォートフッド駐屯の20歳の兵士バネッサ・ギレンが行方不明になった事件の、容疑者を拘束したと発表しました。ギレンの家族は、彼女の遺体はテキサスの陸軍基地付近に浅く掘られた墓に埋められた可能性が高いと言います。2人目の容疑者は、ギレン家の代理人である弁護士によれば、アーロン・ロビンソンという名の兵士で、テキサス州キリーンで、将校らが(彼を拘束するため)近づいたところ自殺したということです。家族にとってはこの数か月間、心配し続けた後の結果でした。彼女は行方不明になる前に、上司に性的ハラスメントを受けたということで、消息を絶った後も陸軍はなかなか捜査を開始しようとしなかったと家族は言います。ギレン家の代理人であるナタリー・カワム弁護士に最新情報を聞きます。

Syndicate content