« 前  

2020年2月20日(木)

  次 »
  • 2月19日にラスベガスで行われた、第9回民主党大統領候補者討論会は緊張感のあるものとなりました。最有力候補のバーニー・サンダース上院議員はその地位を守ろうと努め、ジョー・バイデン元副大統領、ピート・ブティジェッジ元市長、そしてエイミー・クロブシャー上院議員は支持者を増やそう試みました。エリザベス・ウォーレン上院議員は今回、討論会に初登壇した億万長者の元ニューヨーク市長マイク・ブルームバーグを容赦なく批判しました。ブルームバーグは、莫大な財産を選挙戦に使うことに加えて、黒人やヒスパニック系の男性が圧倒的に標的にされた令状無しの路上尋問「ストプ・アンド・フリスク」(stop-and-frisk)を導入したこと、そして女性に対する彼の態度について問われました。
    本日は今回の候補者討論会と22日のネバダ州党員集会についてゲストに議論してもらいます。米国一の歴史を誇る週刊誌ネイション誌の論説員で発行人、ワシントン・ポスト紙コラムニストでもあるカトリーナ・ヴァンデン=フーベル、ジャーナリストで活動家、アウト誌編集長、エリザベス・ウォーレン支持のラケル・ウィリス、バーニー・サンダースを支持する進歩派擁護グループ「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)共同事務局長のアナ・マリア・アチーラ、元ヒューストン市長でLGBTQであることを公表している政府関係者を増やすことを目指しビート・ブティジェッジを支持する「ビクトリー基金」(Victory Fund)理事長のアニース・パーカーです。ビクトリー基金は米国最大規模の政治資金団体(PAC)です。(画像クレジット:MSNBC)

  • 民主党指名獲得争いの中心課題は引き続きヘルスケアですが、バーニー・サンダース上院議員とエリザベス・ウォーレン上院議員は、2月19日の討論会でも国民皆保険(Medicare for All)の設置を再度主張し、他の候補者は徐々に移行するアプローチを提案しました。
    19日にネバダ州で行われた民主党大統領候補討論会についての議論を続けます。ゲストは米国一の歴史を誇る週刊誌ネイション誌論説員で発行人、ワシントン・ポスト紙コラムニストのカトリーナ・ヴァンデン=フーベル、ジャーナリストで活動家、アウト誌編集長、エリザベス・ウォーレン議員支持のラケル・ウィリス、バーニー・サンダース議員を支持する進歩派擁護グループ「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)共同事務局長のアナ・マリア・アチーラ、元ヒューストン市長でLGBTQであることを公表している政府関係者を増やすことを目指しビート・ブティジェッジを支持する「ビクトリー基金」(Victory Fund)理事長のアニース・パーカーです。(画像クレジット:Powers Imagery/NBC News/MSNBC)

  • 先日、ドナルド・トランプから自由勲章を授与されたばかりの保守的ラジオ・パーソナリティのラッシュ・リンボーが、インディアナ州サウスベンドの元市長ピート・ブティジェッジを中傷しました。リンボーはブティジェッジを「舞台上で夫にキスする37歳のゲイ」と呼び、リンボーが、男の中の男「ミスター・マン(Mr.Man)」と呼ぶトランプと比べれば、ひ弱に見えると暗にほのめかしました。ブティジェッジはリンボーの同性愛嫌悪のコメントを非難し、リンボーやトランプは家族についての価値観の手本にはならないと述べました。「私の家庭についてひとつ言えることは、配偶者を裏切った挙句にポルノ・スターに口止め料を払うようなことは、我が家ではないということです」と、ブティジェッジはCNNのエリン・バーネットとのインタビューで語りました。彼はゲイであることを公表して、大統領選指名獲得争いで代議員を獲得した初めての候補ですが、彼の中道的政策はクィア・コミュニティの要求を反映していないと、多くの進歩派LGBTQ民主党員から批判されています。
    19日にネバダ州で行われた民主党大統領候補討論会についての議論を続けます。ゲストは米国一の歴史を誇る週刊誌ネイション誌論説員で発行人、ワシントン・ポスト紙コラムニストのカトリーナ・ヴァンデン=フーベル、ジャーナリストで活動家、アウト誌編集長、エリザベス・ウォーレン議員支持のラケル・ウィリス、バーニー・サンダース議員を支持する進歩派擁護グループ「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)の共同事務局長のアナ・マリア・アチーラ、元ヒューストン市長でLGBTQであることを公表している政府関係者を増やすことを目指しビート・ブティジェッジを支持する「ビクトリー基金」(Victory Fund)理事長のアニース・パーカーです。(画像クレジット:MSNBC)

  • 次の民主党大統領候補への予備選は、2月22日土曜日にネバダ州で行われる党員集会です。ラスベガスで行われた緊張感に満ちた第9回民主党大統領候補討論会についての議論を続けます。現在、指名最有力候補のバーニー・サンダースは、代議員数を最も多く獲得した候補が指名されるべきだと主張しましたが、他の候補は全員、公選されていないスーパー代議員と他の民主党関係者が関わる調停による党大会の可能性もありうると示唆しました。議論を続けます。ゲストは米国一の歴史を誇る週刊誌ネイション誌論説員で発行人のカトリーナ・ヴァンデン=フーベル、ジャーナリストで活動家、アウト誌編集長のラケル・ウィリス、進歩派擁護グループ「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)共同事務局長のアナ・マリア・アチーラ、元ヒューストン市長で「ビクトリー基金」(Victory Fund)理事長のアニース・パーカーです。(画像クレジット:MSNBC)

Syndicate content