« 前  

2019年10月11日(金)

  次 »
  • 最近出版された注目すべき回顧録Know My Name(『私の名前を知って』)について著者のシャネル・ミラーに時間いっぱい話を聞きます。この本は、ミラーが2015年にスタンフォード大学の水泳チームの選手であるブロック・ターナーに性的暴行を受けた後、どのように自分の名前、自分の物語、自分の人生を取り戻していったかについて記録しています。当時、彼女は「匿名のエミリ」(Emily Doe)として知られていました。この事件が全国的に有名になったのは、カリフォルニア州の判事が、ターナーは3つの訴因について性暴力の重罪で有罪判決を受けていたにもかかわらず、量刑では(重罪犯の刑務所ではなく軽微な犯罪が対象の)郡刑務所でわずか6カ月という判決を下したからです。結局、ターナーは3カ月しか服役しませんでした。この判決は世論の憤慨を巻き起こし、カリフォルニア州の有権者は後にその判事をリコールしました。裁判の中で、ミラーは加害者に宛てた手紙の形で書かれた被害者影響報告書を読み上げました。この文章は後に急速に広まり、世界中の何百万人もの人に読まれています。

Syndicate content