« 前  

2019年7月24日(水)

  次 »
  • 市民に広がる大規模な不満と抗議運動の増大に直面して、プエルトリコの知事リカルド・ロセジョは24日に、辞任する見込みです。日刊紙「エル・ヌエヴォ・ディア(El NuevoDía)」が23日の深夜、このニュースを最初に報道しました。ロセジョの辞任を求めるデモは2週間近く続いており、日を追うごとに規模が拡大してきました。抗議デモの発端となったのは、ロセジョと政府高官との間で交わされた大量のメール/テキストメッセージがリークされたことで、その中には性差別や同性愛者嫌悪、暴力的な表現が含まれ、ロセジョは、ハリケーン「マリア」の被災者をからかったり、サンファン市長カルメン・ユリン・クルスを銃撃すると冗談を述べたりしました。ロセジョ知事辞任の重要性について、デモクラシーナウの共同司会者であるファン・ゴンザレスに話を聞きます。

  • 7月は、ヨーロッパと米国の異常な熱波から多くの死者を出した南アジアのモンスーンの洪水まで、地球温暖化が引き起こす極端な気候により世界中で大混乱が起きており、記録された歴史の中で最も暑い7月になると予想されています。少なくとも660人が死亡したインド、ネパール、バングラデシュ、パキスタンの各地では、1週間を通して激しい雨が降り続くと予想されています。ヨーロッパではこの夏2度目の記録的な熱波にみまわれていて、パリ、ブリュッセル、アムステルダムでは史上最高気温を記録するおそれがあり、スペインでは深刻な火災が起こる危険があります。ペンシルバニア州立大学の著名な教授で、地球システム科学センターの所長でもある気候科学者のマイケル・マンに、世界各地での極端な気候の最新情報と、メディアは気候変動に関し、いかにして責任ある報道をすべきかについて尋ねます。

  • 50年前の今週、若い急進派プエルトリコ人のグループが街頭に終結し、ヤング・ローズのニューヨーク支部の結成を発表しました。ブラックパンサー党の同様に急進的な伝統を組んで結成されたヤング・ローズの活動家たちは、まもなくコミュニティの勢力になり全米の人々に影響を与えました。ヤング・ローズは教会や病院を占拠して地域社会への奉仕活動を行い、プエルトリコの文化や歴史について人々を教化しました。彼らは、すべてのプエルトリコ人の民族自決、プエルトリコ島の独立、土地と各種機関のコミュニティによる共同管理、すべての政治囚の解放、そしてベトナムやプエルトリコおよび他の地域からの米軍の撤退を求めました。グループは1970年代半ばに解散しましたが、その影響は今日にも及んでいます。26日に行われるハーレムのショーンバーグ・センターでの記念イベントの前に、3人の元ヤング・ローズに話を聞きます:デニース・オリバー-ベレス(Denise Oliver-Velez)、カルリート・ロビラ(Carlito Rovira)そしてデモクラシーナウ!のフアン・ゴンザレスです。ゴンザレスは組織の設立を助け、最初の教育大臣を務めました。また、ニューヨーク市立大学バルーク校の歴史学科准教授ジョハンナ・フェルナンデスにも話を聞きます。彼女は、近く刊行されるThe Young Lords:A Radical History (『ヤング・ローズ ある革命の歴史』)の著者です。

Syndicate content