« 前  

2019年3月5日(火)

  次 »
  • トランプ政権によるソマリアでの密かな航空戦の拡大が急速に進んでいます。シンクタンク、ニュー・アメリカ(New America)によると、2019年に入ってから少なくとも252人が米国による約24回のソマリア空爆で死亡しました。米国は2019年にソマリアで、オバマ大統領政権下でのどの年よりも多くの空爆をすでに行っています。航空戦に加え、米国防総省は多くの特殊部隊を含む約500人の米軍をソマリアに上陸させたと報じられています。米国は長年にわたり、アル・シャバブのメンバーを標的にすることによってソマリア政府を支援しようとしてきました。しかしこの取り組みはトランプ政権下で劇的に拡大し、議会の監視もほとんどなく、メディアも注目しないままとなっています。ナイロビ、ケニア、そしてソマリアの首都モガディシュで取材するフリーランスのジャーナリスト、アマンダ・スパーバーに話を聞きます。ネイション誌への彼女の新記事のタイトルは"Inside the Secretive US Air Campaign in Somalia"(「ソマリアでの密かな米国空爆の舞台裏」)です。

  • プエルトリコやグアムなどの米国の海外領土やフィリピンなどの元領土、そして世界中に散らばる数百の米軍基地など、見過ごされがちな米国の一部分を検証した新刊のタイトルは<cite>How to Hide an Empire: A History of the Greater United States(『帝国の隠し方:米国領土の歴史』)です。この本の著者ダニエル・ インマバー に話を聞きます。彼は、「時代はそれぞれ異なるものの、米帝国の住人は、撃ち殺され、砲撃にあい、飢えさせられ、抑留され、財産を奪われ、拷問にあい、人体実験の対象にされてきました。彼らに起きなかったことと言えばその存在を広く知られることでした。」と、書いています。イマーバールはノースウエスタン大学の歴史学の准教授です。

Syndicate content