« 前  

2019年11月8日(金)

  次 »
  • オレンジバーグ市のサウスカロライナ州立大学から生中継します。今夜ここで、史上初の環境正義をめぐる大統領候補討論会が開催されます。参加するのはエリザベス・ウォーレン上院議員、コリー・ブッカー上院議員、富豪のトム・シュタイアー、作家のマリアンヌ・ウィリアムソン、ジョン・デラニー下院議員、ジョー・セスタク下院議員の6人の大統領候補です。この公開討論会は、全米黒人州議員連盟(National Black Caucus of State Legislators:NBCSL)と気候災害の最前線に立たされているコミュニティの指導者たちが主催しています。サウスカロライナ州は2020年の大統領選挙のゆくえを決める重要な州のひとつで、ニューハンプシャー州の予備選やアイオワ州とネバダ州の党員集会に続いて早い時期に民主党の予備選が行われます。サウスカロライナ地域は気候変動で巨大化したハリケーンに何度も見舞われており、2018年に南部を襲ったハリケーン「フローレンス」はかつてない甚大な洪水被害を引き起こしました。アフリカ系や非白人の住民は特に高い確率で、大気汚染や水質汚染や環境ハザードにさらされてきましたが、その一方でサウスカロライナ州には環境人種差別への対応で最も成功しているプログラムのいくつかが本拠を置いています。本日催される大統領候補討論会に先立ち、討論会の司会者のひとりで環境保護庁の環境正義プログラムの主任を務めた経験のあるムスタファ・アリと話します。 「気候変動について、こうした話題を議論するのは重要ですが、それらはしょせん一つの病いの症状にすぎません。その病いとは人種差別であり、構造的な不平等です。非白人コミュニティの内部では、それがずっと続いているのです」とアリは言います。

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会が今夜、サウスカロライナ州オレンジバーグ市で開催され、6人の大統領候補がサウスカロライナ州立大学の壇上に立ちます。サウスカロライナ州の気候災害の最前線に立つアフリカ系や非白人のコミュニティは、長年にわたり極端な環境人種差別に直面して公正な処置を求めて闘ってきました。地域のリーダーや環境正義を訴える人たちを招いて円卓会議を開催し、このイベントの重要性やそれぞれのコミュニティが直面する諸問題、また2020年選挙の各候補者の環境正義に関する綱領について話し合います。全米黒人州議員連盟(National Black Caucus of State Legislators:NBCS)代表ギルダ・コブ=ハンター、黒人社会参加のための全国連合代表メラニー・キャンベル、元環境保護庁環境正義プログラム主任のムスタファ・アリが討論に参加します。

  • 1968年のオレンジバーグの虐殺事件は、公民権運動の中で最も暴力的でありながら追悼されることの少ない出来事のひとつです。サウスカロライナ州立大学のキャンパスに大勢の学生が集まり、オレンジバーグ市に一軒しかないボーリング場で人種隔離が行われていることに抗議しました。数日間にわたり緊張が続いた後、学生たちはキャンパスでたき火を始め、抗議のビジルを開きました。数十人の警官が現場に到着し、州兵が群衆に向けて実弾を撃ち込みました。射撃が終了したとき、3人の学生が死亡し、28人が負傷していました。この悲劇は、ケント州立大学の射撃事件[1970年オハイオ州]やジャクソン州立大学の学生殺害事件[1970年ミシシッピ州]に先行しており、米国の大学キャンパスで起きたこの種の事件の最初のものでしたが、全国的なメディアの報道はほとんどありませんでした。この日に発砲した9人の隊員たちは全員無罪放免されました。犯罪行為で有罪判決を受けた唯一の人物は、SNCCとして知られる学生非暴力調整委員会のメンバーであるクリーブランド・セラーズだけでした。セラーズは、この抗議運動の主催者の一人でした。彼は騒擾罪で有罪判決を受け、7カ月間にわたり投獄されました。サウスカロライナ州オレンジバーグ市から、公民権写真家セシル・ウィリアムズと話します。彼はオレンジバーグ虐殺事件が起きた後に現場シーンを撮影しました。またオレンジバーグ市のセシル・ウィリアムズ公民権博物館の創設者です。

Syndicate content