« 前  

2019年9月20日(金)

  次 »
  • 今日は、16歳のスウェーデン人活動家であるグレタ・トゥーンベリに触発された「グローバル気候ストライキ」(Global Climate Strike)の日です。アフリカでもアジアでもヨーロッパでもオーストラリアでも人々が街頭に出ている中、番組では来週に控えた国連気候変動行動サミットに先立ち、ニューヨーク、ワシントン、ミネアポリスで行進を組織する米国の青年活動家たちの円卓会議を開催します。メキシコ出身17歳の気候正義活動家で、「フライデイ・フォー・ヒューチャー・ニューヨーク」(未来のための金曜日NY)の主催者でありニューヨークのベーコン高校に通うシーエ・バスティダ、19歳の気候正義活動家で未来連合を創設し現在最高責任者を務めるケイティ・エーダー、ミネソタ州ミネアポリスのソマリア移民一世で、米国ユース気候ストライキに参加してミネソタ州ユース気候ストライキの共同リーダーを務める15歳のジュワリア・ジャマ、そして米国ユース気候ストライキの最高責任者で民主党のイルハン・オマル下院議員の娘である高校3年生のイスラ・ヒルシの4人をお迎えします。

  • 今日のグローバル気候ストライキには、米国政府を相手取る画期的なユース気候訴訟「ジュリアナ対米国」で若者を代表して原告となったケルシー・ジュリアナも参加します。来週の国連気候変動行動サミットに先立つ当番組の青年活動家円卓会議に彼女をお迎えします。またホワイトハウス気候ストライキの主催者で「百万人の私たち」(OneMillionOfUs)の代表を務めるジェローム・フォスターも参加します。

  • アフガニスタンの青年気候活動家ナスラトゥラ・エルハムが初の国連ユース気候サミットへの参加を招待されましたが、米国は彼へのビザ発給を拒絶しました。エルハムはメディアの沈黙の壁を破り、タイのプーケットからデモクラシー・ナウ!主催の青年機構活動家円卓会議に参加します。エルハムはプーケットの高校で最終学年(12年生)に所属しています。彼は自分の積極行動は母国への気候危機の影響が背景にあると言います。「アフガニスタンの貧しい人々は、二酸化炭素排出にはほとんど責任がないのに、気候変動がもたらす悪影響をひどく受けています」。

Syndicate content