« 前  

2019年7月31日(水)

  次 »
  • 10人の民主党の大統領候補が30日(火)、ミシガン州デトロイトで行われたCNN主催の候補者討論会に参加しました。討論会は2晩にまたがって企画されており、これはその初日です。討論会の最初の論点は医療保険制度をめぐるものでした。革新派の候補バーニー・サンダース上院議員とエリザベス・ウォレン上院議員が国民皆保険を目指す「メディケア・フォア・オール」政策を掲げて、より穏健派の候補者たちがそんなものは政治的自殺行為だと論じるのに対して反論し、突っ込んだ議論となりました。元ミシガン州知事候補のアブドゥル・エル・サイードから詳しく聞きます。

  • 民主党の大統領候補者討論会では、人種問題や白人至上主義についても議論されました。エリザベス・ウォレン上院議員は、「白人至上主義は、ありのままに非難すべきです。すなわち国内のテロリズムです」と論じました。カルフォルニア州のマリアン・ウイリアムソン候補はミシガン州フリント市で起きた大規模な水道汚染問題を取り上げ、「全米各地で、特に非白人や弱い立場の集団が、環境破壊による被害を不当に押し付けられています」と述べて、環境問題における人種差別を強く指摘しました。オンライン報道サイト『インターセプト』のコラムニストであり、そのポットカスト番組『ディコンストラクテッド』のホストを務めるメディ・ハッサンから詳しく聞きます。彼はまたアルジャジーラ英語放送の番組『アップフロント』のホストです。

  • 民主党大統領候補者討論会では、移民政策をめぐっても活発な議論が闘わされ、国境越えを犯罪扱いしないことや、無許可移民に医療保険を提供することなど、多岐にわたる提案がなされました。エリザベス・ウォレン上院議員、バーニー・サンダース上院議員、モンタナ州知事スティーブ・バロックの発言の一部を紹介します。加えて、難民や移民に教育と法務支援を行っているRAICES(Refugee and Immigrant Center for Education and Legal Services)のアドボカシー主任エリカ・アンディオラとも話します。

  • 民主党大統領候補者討論会の一日目の議論は大部分が国内問題に焦点を置いていましたが、核兵器政策やアフガニスタン問題についても手短な質問が行われました。エリザベス・ウォレン上院議員は、モンタナ州知事スティーブ・バロック候補による批判に抗して、持論の「核兵器先制不使用」政策を弁護しました。サウスベンド市長ピート・ブーテジェッジ候補と前コロラド州知事ジョン・ヒッケンルーパー候補は、18年に及ぶアフガン戦争から米国は撤退すべきか否かをめぐり論争しました。

Syndicate content