« 前  

2019年5月21日(火)

  次 »
  • 16歳のグアテマラ人の少年が5月20日、移民拘置所で1週間過ごした後、米国の拘束下で死亡しました。インフルエンザと診断されてからわずか1日後、カルロス・グレゴリオ・ヘルナンデス・バスケスはテキサス州ウェスラコの国境警備隊詰め所で死んでいるのが見つかりました。彼は病院には連れて行かれませんでした。国境警備隊に拘束されたグアテマラ人児童の死亡は2018年12月以来、これで5人目となります。2018年以前には、10年以上米国の移民当局の拘束下で子供が死亡したケースはありません。テキサス州エルパソに拠点を置く人権擁護団体「人権のための国境ネットワーク」(Border Network for Human Rights)の創設者で所長のフェルナンド・ガルシアと、テキサス州リオ・グランデ・バレーを拠点とし、人権弁護士を長年務めるジェニファー・ハーベリーに話を聞きます。

  • 2018年12月以来、米国の国境警備隊による拘束後に死亡したグアテマラ人児童は5人にのぼります。人権弁護士のジェニファー・ハーベリーと共に、国境で起きている人道危機と、数十年にわたる中米への米国による暴力的介入との関係について検証します。ハーベリーの夫のエフライン・バマカ・ベラスケスはマヤ人ゲリラの司令官で、1980年代にグアテマラ軍に拘束され、その後行方不明となりました。長年にわたる探索活動の結果、彼女は夫の殺害と拷問の隠蔽に米国が関わっていたことを突き止めました。ハーベリーはグアテマラ軍について「私たちが彼らを訓練しました。私たちが彼らに拷問の技術を教えました。私たちが彼らに資金を提供し、彼らに武器を渡したのです」と、言います。「彼らは、彼らが以前に使ったのと同じ拷問技術と恐怖を使ってグアテマラを食い物にしています。そして再び、誰もが米国を目指して北へ押寄せているのです。」テキサス州エルパソに拠点を置く人権擁護団体「人権のための国境ネットワーク」(Border Network for Human Rights) の創設者で所長のフェルナンド・ガルシアからも話を聞きます。

  • 女性の権利擁護運動家ルジャイン・アル=ハズルールがサウジアラビアで女性の運転の解禁と男性による「後見」制度の見直しを求める運動を主導したことで拘束・投獄されてから1年が経ちます。国際社会からの非難にも関わらず、彼女はそれ以来投獄されたままです。彼女の家族はその間、彼女が独房に監禁され、電気ショックとむち打ちと性的暴行の脅しを含む虐待を受けたと言います。サウジ政府は、世界中の人権団体と弁護士による、ルジャインとその他の投獄された活動家たちを釈放するよう求める要請に抵抗しています。ルジャインの2人の兄妹、ワリドとリナ・アル=ハズルールに話を聞きます。

Syndicate content