« 前  

2019年4月15日(月)

  次 »
  • ロンドンでは今日(4月15日)、気候危機に対抗するための抜本的な対策を求めて数千人が街に繰り出しました。気候変動による人類の絶滅と生態系の崩壊の危機を訴えるグループ「Extinction Rebellion」は、デモ参加者と共にロンドン中心部のあちこちにテントを設営、交通をブロックし、少なくとも1週間は路上に居座るとしています。これを皮切りに、これから一連のグローバル行動が展開される予定です。世界中の活動家が、気候変動による大災害を目前にしながら政府が無策を続けることに警鐘を鳴らしています。ロンドンでの抗議は、毎週金曜恒例の気候ストで世界中の生徒らが再び授業をボイコットしたのに続いて起こりました。また米国では、グリーン・ニューディール政策の推進を求める声がますます高まっています。アレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員とエド・マーキー上院議員が推し進めるこの政策は、再生可能エネルギーに投資すると同時に米国の二酸化炭素排出を2030年までにゼロにすることによって、米国経済を変革しようとするものです。気候活動家でジャーナリストのビル・マッキベンに話を聞きます。マッキベンは数十年にわたり、地球を救う戦いの最前線に立ってきました。30年前には、気候変動についての一般読者向けの最初の本となった『自然の終焉』を書いています。発売されたばかりの新著はFalter:Has the Human Game Begun to Play Itself Out?(『よろめき:人類のゲームは行き詰まりつつあるのか』)です。

  • トランプ大統領は先週、パイプライン計画の連邦レベルでの承認を容易にする大統領令に署名しました。これにより州によるプロジェクトへの規制力が制限されます。北東部の「コンスティチューション・パイプライン」の認可に道を開くこともこの大統領令の狙いのひとつです。ニューヨーク州は水質浄化法(Clean Water Act)に基づき、環境保全を理由としてこのプロジェクトを拒否しています。環境保護団体「350.org」の共同創設者で新著Falter:Has the Human Game Begun to Play Itself Out?(『よろめき:人類のゲームは行き詰まりつつあるのか』)を出版したビル・マッキベンに話を聞きます。

  • 「ジョコウィ」の通称で知られるインドネシアのジョコ・ウィドド大統領が4月17日、再選をかけた大統領選に臨みます。最大のライバルは、元特殊部隊の軍事司令官でインドネシアの長年の独裁者スハルトの義理の息子でもあったプラボウォ・スビアントです。ジョコウィが6ポイント差で勝った2014年大統領選に続く再対決となります。調査ジャーナリストのアラン・ネアンは、プラボウォによる大統領選勝利後の衝撃的な計画を明らかにしました。ネアンが入手した大統領選戦略会議の議事録によれば、プラボウォは、政敵と現在の同盟相手を大量に逮捕する計画を立てています。ネアンによると、プラボウォはさらに、米国の支援を受けて1967年から1998年まで続いたスハルト独裁政権で果たしたインドネシア軍の役割を復活させることも望んでいます。インドネシアは世界最大のムスリム人口を持ち、インドと米国に次ぐ世界で人口が3番目に多い民主主義国です。インドネシアからアラン・ネアンに話を聞きます。

Syndicate content