« 前  

2019年2月4日(月)

  次 »
  • バージニア州の民主党知事ラルフ・ノーサムへの辞任要求が高まっています。知事が卒業した医科大学の1984年の卒業アルバムの個人ページには、顔を黒く塗った男性と白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」の衣装を着た男性の写真が掲載されていました。ノーサムは1日金曜日、その写真について謝罪しました。しかし翌2日土曜日になると、アルバムの人種差別的な写真に写っている男性2人はいずれも自分ではなく、前回の主張を一転させました。ノーサムは高まる辞任要求に抵抗する一方で、1984年のダンス・コンテストではマイケル・ジャクソンに扮するためにブラック・フェイスをしたことを認めました。バージニア州立軍事学校の1981年の卒業アルバムでは、ノーサムが「クーンマン」という人種差別的なニックネームで呼ばれていたことが判明しています。ノーサムの辞任を呼びかけているラモント・バグビーに聞きます。バグビーはバージニア州議会黒人議員幹部会の議長です。

  • バージニア州の民主党知事ラルフ・ノーサムへの辞任要求が高まっています。知事が卒業したイースタン・バージニア医科大学の1984年の卒業アルバムの個人ページには、顔を黒く塗った男性と「クー・クラックス・クラン」の衣装を着た男性が並んでいる写真が掲載されていました。ノーサムは2月1日金曜日、その写真について謝罪しました。しかし翌2日土曜日になると、問題の写真に写る男性はどちらも自分ではないと発言を一転させました。1984年のダンス・コンテストでマイケル・ジャクソンに扮するために黒塗りをしたことは認めています。全米黒人地位向上協会のバージニア州会議会長のケビン・チャンドラー牧師に話を聞きます。

  • バージニア州の民主党知事ラルフ・ノーサムへの辞任要求の歴史的背景について話し合います。ノーサムが卒業したイースタン・バージニア医科大学の1984年の卒業アルバム個人ページには、顔を黒く塗った男性と「クー・クラックス・クラン」の衣装を着た男性が並んでいる写真がありました。顔を黒く塗り、ウィグを着けた白人男性がドレス姿で映っている写真もありました。キャプションには「『ベイビー・ラブ』、ダイアナ・ロスが医学部に進学するなんで誰が思っただろう?」とあります。この卒業アルバムには、ほかにも「ブラック・フェイス」をした3人の男性の写真が掲載されています。プリンストン大学アメリカ文化史の助教レイ・リン・バーンズに聞きます。バーンズの新著は Darkology: When the American Dream Wore Blackface(『ダーコロジー アメリカン・ドリームがブラック・フェイスを着けた時』)です。ワシントンポスト掲載の最新記事に“The troubling history behind Ralph Northam’s blackface Klan photo”(「ラルフ・ノーサムのブラック・フェイスとKKK写真の裏にある厄介な歴史」)があります。

  • ニューヨークでは、「極渦」と呼ばれる北極からの強い寒気に見舞われた先週、ブルックリン連邦勾留センターの収容者1600人余りが氷点下の気温の中、暖房、照明、温水シャワー、温かい食事がないという厳しい状況を余儀なくされました。デモ隊は週末を通して集まり、連邦刑務所局が運営する「メトロポリタン収容センター」の状況に抗議しました。収容者は拘置施設の窓を叩いて、抗議者とやりとりしました。日曜日の午後には、収容者の家族をふくむ抗議者数人が警備員に唐辛子スプレーを浴びせられました。デモクラシー・ナウ!も現場にいました。午後6時30分までに、当局は電力の復旧を発表しました。週末に収容者、刑務所職員と話をしたニューヨーク市議のブラッド・ランダーに聞きます。

Syndicate content