« 前  

2018年12月18日(火)

  次 »
  • テキサス州オースティンのパレスチナ系米国人の言語療法士が、親イスラエルの立場を誓う文書への署名を拒否したために失業したことについて、連邦訴訟を起こしました。バヒア・アマウィは、アラビア語を話す子供の言語療法の専門家で、フラッガービル独立学校区(Pflugerville Independent School District)で9年間働いていました。しかしアマウィは、「契約期間中にイスラエルに対するボイコットを行わない」、また「イスラエルに意図的な罰や経済的損害与える、あるいは同国との商取引関係を制限する」いかなる行動も取らないとする誓約に署名することを拒否し、その後2017年に職を失いました。バヒア・アマウィと、アメリカ・イスラム関係評議会(Council on American-Islamic Relations)の上級訴訟弁護士であるガディア・アッバスに話を聞きます。アッバスは、フラッガービル独立学校区とテキサス州に対するアマウィの訴訟の代理人を務めています。

  • 米国では26州で、州機関がイスラエルに対する「ボイコット、投資撤収、制裁」(BDS)運動に同調する企業や個人と契約できないようにする法律を定めています。BDSは、国際法に従いパレスチナの権利を尊重するよう、イスラエルに圧力をかける国際的な運動です。しかし、この運動に反対する人々はBDSを、イスラエルを弱体化または破壊すらしようとする、薄い仮面をかぶった反ユダヤ主義活動だと言っています。ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストで、調査報道サイト「インターセプト」の創設編集者の1人であるグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは、”A Texas Elementary School Speech Pathologist Refused to Sign a Pro-Israel Oath, Now Mandatory in Many States—So She Lost Her Job”(「テキサス州の小学校の言語療法士が現在多くの州で義務となっている親イスラエル誓約書への署名を拒否したために職を失う」)です。

  • 国連でパレスチナの権利を支持する演説をしたテンプル大学教授のマーク・ラモント・ヒルをCNNが解雇してから1ヵ月弱が経ちました。彼のコメントが集めた国際的注目、学問の自由、そしてイスラエルの人権侵害について発言することがこれまでに以上に重要であると彼が感じる理由についてヒルに話を聞きます。マーク・ラモント・ヒルは、テンプル大学のメディア研究と都市教育の教授です。彼は、Nobody: Casualties of America’s War on the Vulnerable, from Ferguson to Flint and Beyond(『ノーバディ:ファーガソンからフリントを越えて広がる米国の弱者に対する戦争の犠牲者たち』)を含むいくつかの本の著者です。ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドからも話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは、”CNN Submits to Right-Wing Outrage Mob, Fires Marc Lamont Hill Due to His 'Offensive' Defense of Palestinians at the U.N.”(「怒り狂う右翼集団に屈し国連でパレスチナを“攻撃的に”擁護したマーク・ラモント・ヒルを解雇したCNN」)です。

Syndicate content