« 前  

2018年12月12日(水)

  次 »
  • ポーランドのカトヴィツェで開催されている国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)の会場から放送しています。ここには世界の200ヶ国近くの首脳や高官が、2015年のパリ協定をどのように実施するのか交渉するために来ています。しかし、パリ協定から3年たちながら、地球規模の温室効果ガス排出を抑制し、壊滅的な気候変動を止めることへの前進は見られません。新たな研究によると、世界の二酸化炭素排出量は2018年に最大で3.7%増加した可能性があり、それは2年連続の前年比増加を意味します。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、気候変動を抑制するために人類に残された時間はあと十数年しかなく、それができなければ、地球 規模の大惨事に直面すると報告しています。気候変動の悲惨な影響をすでに体験し、その後の人生を、気候変動活動家として専念するジョアンナ・サステントに話を聞きます。彼女の人生は2013年に根底から一変しました。観測史上最大のサイクロンの1つである台風「海燕」[日本では30号]がフィリピンを荒廃させ、何千人もの人の命を奪った時、彼女も家族5人を失いました。

  • トランプ政権は、ポーランドのカトヴィツェで開催中の国連気候変動枠組み条約締約国会議で、気候変動の脅威を懸念する活動家や世界のリーダーからの抗議にもかかわらず、化石燃料を促進しています。気候サミットにおけるトランプの派遣代表団チーフのウェルズ・グリフィスは、大統領国際エネルギー・環境担当特別補佐官です。長年にわたる共和党員で、ラインス・プリーバスが共和党全国委員会委員長だった時、プリーバスのスタッフ副代表を務めました。11日、エイミー・グッドマンは、国連の気候サミット会場で、トランプ政権の気候政策について、ウェルズ・グリフィスに質問しようとしました。グリフィスは質問に答えることを拒否し、私たちのカメラチームから400mほど走り、米国代表団のオフィスへと退散しました。

  • ポーランドのカトヴィツェで開かれている国連気候サミットでは、気候変動に対して抜本的な行動が取られなければ、自国が消滅の危機に直面しかねないと発展途上の国々が警告しているにも関わらず、二酸化炭素排出量で世界最悪の国々が交渉を妨げています。ハージート・シンに、米国や他の大規模な汚染国が気候変動の会談をいかに妨げているか、彼が目にしてきたことを聞きます。彼は「アクション・エイド」 (ActionAid)の気候変動に関する世界的リーダーです。いくつもの国で、気候変動移民たちと仕事をしており、インドのニューデリーに拠点を置いています。

Syndicate content