« 前  

2018年12月11日(火)

  次 »
  • デモクラシーナウ!は12月第2週、ポーランドのカトウィツェで開催されている第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)から放送します。前週の12月第1週、気候問題解決に向けた交渉のために現地に集まった世界の指導者たちに対し、10代の気候活動家が、気候変動の進行を逆転させ壊滅的な気候変動を防ぐための方策が十分ではないと迫りました。12月第1週、15歳のグレタ・トゥーンべリは、世界の指導者たちが何もしないことを非難し、彼らに次のように訴えて世界を驚かせました。「変化はいやが応でもやってきます。人々は困難に対処しようとしています。私たちの指導者たちが子供のように振舞っているので、彼らがずっと前に取るべきだった責任を私たちが今取らなくてはならないなったのです。」彼女は2018年初頭から母国のスウェーデンで気候変動に対する学校ストライキを始め国際的な注目を集めています。彼女は毎週金曜日、学校に行く代わりにストックホルムの国会議事堂前で抗議活動を行い、その活動は世界中の数千人の学生たちが同じことをするきっかけとなりました。彼女本人に直線話を聞く前に、ネットで拡散された彼女の演説の抜粋を放送します。「私は学校が好きで、学ぶことが好きです」とグレタは言います。彼女はスウェーデンが1年間に15%の二酸化炭素排出削減を始めたらストライキを終わらせるつもりです。「でも、もうすぐなくなるかもしれない未来のために、私たちはなぜ勉強しなくてはいけないのですか? この問題は学校よりも大切なことだと私は思います。」

  • 残すところ数日となった第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)に参加するため、世界中から政府代表がポーランドのカトウィツェに集まっています。彼らが二酸化炭素排出削減のために何もしないことを12月第1週に非難した15歳の活動家グレタ・トゥーンべリに話を聞きましょう。彼女は母国のスウェーデンで気候変動に対する学校ストライキを行っていることで、国際的な注目を集めています。「私たちは私たち自身を今変える必要があります。なぜなら明日では遅すぎるかもしれないからです」とトゥーンべリは言います。彼女の父親でスウェーデン人俳優のスバンテ・トゥーンべリからも話を聞きます。

  • 第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)は、気候変動が世界にもたらす壊滅的な危険についての警告が高まる中で行われています。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は10月、気候変動を抑制するために人類に残された時間はあと十数年しかなく、さもなければ深刻な干ばつや洪水、海面上昇、猛暑が大規模な人口移動と貧困を引き起こす、地球規模の大惨事に直面すると警告しました。しかし、米国、サウジアラビア、ロシア、クウェートは12月8日、IPCCの画期的な報告書を「歓迎する」とする文言を拒否しました。最近出たある報告では、2018年の世界の二酸化炭素排出量が最大で3.7%の増加を記録する可能性が示されています。これは2年連続の前年比増加を意味します。最近の報告者は、上昇する排出量を「貨物列車の高速化」に例えました。ウプサラ大学環境開発研究センターの気候変動リーダーシップの教授ケビン・アンダーソンと、15歳の気候活動家グレタ・トゥーンバーグに、気候変動と闘うために必要な抜本的な活動と、気候変動活動におけるトランプ大統領の影響について話を聞きます。

Syndicate content