« 前  

2018年8月22日(水)

  次 »
  • 22日に衝撃の司法展開が起こり、ワシントンでは、トランプ大統領の弾劾の可能性が話題になってきています。ニューヨーク州の連邦地裁では、トランプ大統領の長年の個人弁護士であり、フィクサーであったマイケル・コーエンが、脱税、金融関連詐欺、選挙資金法違反を含む8件の罪状について検察との司法取引に応じ有罪を認めました。200マイル離れたバージニア州の連邦地裁陪審では、トランプ陣営の選対本部長であったポール・マナフォートに、脱税や金融詐欺関連の8件の罪について有罪の評決が出ました。コーエン弁護士の答弁によって、トランプ大統領は最大の司法上の危機に立たされそうです。2006年から今年までトランプのために働いてきたコーエン弁護士は、二人の女性(アダルト映画スターとプレイボーイ誌のモデル)へ違法な金銭の支払いを工作したと法廷で認めました。二人の女性がトランプと交際関係を持ったことを2016年の大統領選挙期間中に話させないための口止め料の支払いです。コーエンは、この支払が「連邦の公職をめざす候補者と調整し、候補者の指示を受けて」なされたこと、また「選挙に影響を与えることが主目的だった」ことを認めました。コーエンの弁護士ラニー・デービスはツイッター上に、「もしそうした支払いがマイケル・コーエンにとって犯罪なら、ドナルド・トランプにとって犯罪にならないはずがない」と書き込みました。国家安全保障と市民的自由を専門とする独立ジャーナリスト、マーシー・ウィーラーから詳しく聞きます。彼女はウェッブサイト「エンプティ・フイール・ネット(EmptyWheel.net)」を運営しています。

  • トランプ大統領は22日夜ウェスト・バージニア州の支持者集会で、気候変動を助長する石炭火力発電所と二酸化炭素の排出を制限したオバマ政権時代の規制を大幅に緩和すると発表しました。トランプ大統領の「手ごろな値段のクリーン・エネルギー」提案は、二酸化炭素の排出規制を個々の州に委ねるものです。環境保護庁の独自データによれば、この計画は2030年までに年間1400人以上の死者数増加を招く可能性があります。ワシントン・ポスト紙が報じるところでは、この規制緩和により次の10年間に少なくとも12倍の二酸化炭素が大気中に放出されることになるでしょう。現在の環境保護庁長官アンドリュー・ウィーラーはかつて石炭産業のロビイストでした。シエラ・クラブの「石炭を超えて」(Beyond Coal)キャンペーンの責任者メアリー・アン・ヒットから詳しく聞きます。

  • トランプ大統領は22日夜ウェスト・バージニア州の支持者集会で、気候変動を助長する石炭火力発電所と二酸化炭素の排出を制限したオバマ政権時代の規制を大幅に緩和すると発表しました。トランプ大統領の「手ごろな値段のクリーン・エネルギー」提案は、二酸化炭素の排出規制を個々の州に委ねるものです。環境保護庁の独自データによれば、この計画は2030年までに年間1400人以上の死者数増加を招く可能性があります。ワシントン・ポスト紙が報じるところでは、この規制緩和により次の10年間に少なくとも12倍の二酸化炭素が大気中に放出されることになるでしょう。現在の環境保護庁長官アンドリュー・ウィーラーはかつて石炭産業のロビイストでした。シエラ・クラブの「石炭を超えて」(Beyond Coal)キャンペーンの責任者メアリー・アン・ヒットから詳しく聞きます。

  • 今日の番組の最後はノース・キャロライナからです。同州の大学町チャペル・ヒルでは数百人の学生抗議者が、ノース・キャロライナ大学に設置された南部連合の銅像「サイレント・サム」を引き倒しました。授業開始を翌日に控えた22日夜の出来事です。この像は1913年、南北戦争時の南軍の兵士を顕彰するために建立されたもので、くり返し抗議の的とされてきたものです。ノース・キャロライナ大学の大学院生マヤ・リトルから詳しく聞きます。彼女は4月に行われた抗議活動中に、像に赤インクと彼女自身の血をかけたとして器物損壊罪と退学処分の可能性に直面しています

Syndicate content