« 前  

2018年7月18日(水)

  次 »
  • ニカラグアの政治的危機が高まり始めてからまもなく3カ月目に入ります。国連人権高等弁務官によれば、反政府抗議活動関連の死者数は300人に近づいており、反政府派、政府擁護派の双方が、誘拐や殺害も含む暴力で非難を受けています。本日は、フリオ・マルティネス・エルスバーグとカミーロ・メヒアのディベートを行ないます。エルスバーグは、ニカラグア政府に反対する主要な学生運動の一つの顧問を任じており、メヒアは、イラク戦争に反対し抵抗したニカラグア系アメリカ人の元兵士として知られ、高名なサンディニスタ党員歌手カルロス・メヒア・ゴドイの息子です。

  • 7月18日は、おそらく世界で最も有名な元政治囚、ネルソン・マンデラの100回目の誕生日です。マンデラは南アフリカで27年間獄中につながれた後、1990年に釈放されました。それから4年後には、同国初の黒人大統領に選出されました。バラク・オバマ前米大統領は17日、ヨハネスブルグでのマンデラ生誕100年記念イベントにおいて、大統領退任後初めての本格的な演説を行い、明らかにトランプ大統領に向けてとわかる批判を行ないました。マンデラの親しい友だったジェシー・ジャクソン師から話を聞きました。公民権活動の指導者であり、レインボー/プッシュ連合(Rainbow/PUSH Coalition)の創設者兼代表です。ジャクソンは、最近の米露トップ会談についても言及し、間もなく行われる韓国への平和使節についても語りました。

  • 17日で、エリック・ガーナーが殺害されて4年目となります。4年前のこの日、ニューヨーク市警の白人警察官がガーナーを地面に倒し、身動きできなくしたうえ、腕で首を締める締め技を加え死に至らせました。この間ガーナーは、「息ができない」と11回訴えました。この事件は携帯電話のカメラで撮影され、大規模な抗議活動を引き起こしました。ニューヨーク市警は16日、司法省が8月31日までに刑事訴追を発表しなければ、長期にわたって遅延されてきた内部懲戒手続きを開始する予定であると発表しました。致命的な締め技を加えた警察官ダニエル・パンタレオはニューヨーク市警で有給の事務の仕事を続けており、ガーナーの死後何回も昇給しています。ガーナーの母、グウェン・カーは今週開かれた記者会見で正義を訴え、本日はスタジオで番組に参加します。間もなく出版される彼女の回顧録は、This Stops Today: Eric Garner’s Mother Seeks Justice After Losing Her Son(『今日これを止める:息子を亡くした後、正義を求めるエリック・ガーナーの母』)です。

Syndicate content