« 前  

2018年4月26日(木)

  次 »
  • 米国の最高裁判所はトランプ大統領が発行したイラン、リビア、ソマリア、シリア、イエメンを含む7カ国の市民に対する米国への入国禁止令を支持すると見られています。4月25日に行われた口頭弁論では、最高裁でしばし浮動票を投じるアンソニー・ケネディ判事が、保守派の裁判事らに同意しているように見受けられました。政府の代理人ノエル・フランシスコ法務次官は、トランプの入国禁止令は「いわゆるムスリム禁止令」ではなく、大統領の執行権の範囲であると論じました。フランシスコの主張とは反対にトランプ大統領は選挙中「ムスリムの米国入国を完全に禁止すべきだ」と訴えていました。下級裁判所はこれまで、トランプのいくつかのバージョンの入国禁止令について全て違憲であり連邦移民法に違反しているとして退けてきました。米自由人権協会(ACLU)の全米「移民の権利プロジェクト(Immigrants’ Rights Project)」のリー・ガラント副理事長に話を聞きます。ガラントは2017年、トランプ大統領の最初の入国禁止令に挑戦しました。そして憲法上の権利センター(Center for Constitutional Rights)のスタッフ弁護士ディアラ・シャマスにも話を聞きます。シャマスは3月ジブチを訪れ、トランプの入国禁止令下に米国に入国しようとした 米市民権を持つイエメンの親戚にインタビューしました。

  • 4月25日の米最高裁での口頭弁論では、ハワイ州の代理人であるニール・カチャル弁護士が、ナジーブ・アル=オマリという名の米国市民が入国を阻まれた件を取り上げました。アル=オマリは、脳性小児麻痺の10歳の娘に米国で治療を受けさせようとしましたが叶いませんでした。この家族の話はアルジャジーラ「フォルト・ラインズ(Fault Lines)」のドキュメンタリーBetween War and the Ban: A Yemeni-American Story(「戦争と入国禁止令の狭間で--あるイエメン系米国人の物語」)になっています。同番組のクリップを紹介しながら、入国禁止令と戦う弁護士2人に話を聞きます。

  • 調査報道サイト『ジ・インターセプト』の新たな暴露記事で、影響力ある上級民主党員たちが、中間選挙の予備選で有望な進歩的候補の立候補を妨げ、代わりに中道派のビジネスに理解のある候補者を予備選で勝たせようとしていることが暴露されました。オバマ大統領は彼の退任演説で、2016年の選挙結果に失望した市民は自ら出馬することでアクションを起こすよう促しました。本日はリーバイ・ティルマンに話を聞きます。コロラド州在住のティルマンはオバマ大統領の呼びかけに応えて立候補しようとしましたが、民主党の有力な下院議員に出馬を断念するよう繰り返し圧力をかけられたことで、選挙プロセスに失望を感じました。彼にコロラド州第6下院選挙区での出馬を止めるよう圧力をかけたのは、メリーランド州選出の下院議員で下院で民主党のナンバー2の地位にあるステニー・ホイヤー議員で、ティルマンはこの時の会話を録音していました。コロラド州第6下院選挙区民主党予備選に出馬中のリーバイ・ティルマンに、同選挙区の一部であるデンバーから話を聞きます。ティルマンの話は、『ジ・インターセプト』の調査報道記者リー・ファング記者による新たな暴露記事Secretly Taped Audio Reveals Democratic Official Pressuring Progressive to Bow Out of Election(「民主党の上級議員 進歩主義候補者に出馬を取りやめるよう圧力 秘密の録音で明らかに」)に取り上げられました。

  • 救済機関は、6月のモンスーンの季節を前に、数万人のロヒンギャ難民を、混雑したバングラデシュの難民キャンプから移動させようと必死で動いています。現在、数十万人の登録済みロヒンギャ難民がバングラデシュ南東のコックスのバザール地区で生活を送っています。彼らは、国連が「典型的な民主浄化」と呼ぶビルマの軍隊によるレイプ、殺人、放火作戦を逃れてきた難民です。国連難民高等弁務官は、この先数か月に渡る大量の雨で少なくとも15万人が「土砂崩れおよび洪水の高い危険」に晒されていると発言しています。難民の一部は、メグナ川河口に最近できた島に移動することが可能です。このような状況の中でも未だ、ビルマから国境を越える難民が後を絶ちません。ニューヨークのスタジオに「英国ロヒンギャ系ビルマ人協会(Burmese Rohingya Organisation UK)」会長で、「ロヒンギャ解放連合(Free Rohingya Coalition)」の一員でもあるトゥン・キンをお迎えしました。キンはビルマで生まれましたが1982年、ビルマの国籍法で事実上、無国籍者となった100万人のロヒンギャの一人です。

Syndicate content