« 前  

2018年1月25日(木)

  次 »
  • 50年前の4月、マーティン・ルーサー・キング牧師はテネシー州メンフィスで暗殺されました。39歳の若さでした。本日はリンドン・ジョンソン大統領が投票権法に署名した1965年からキング牧師が暗殺されるまでの3年間を見ていきます。歴史的な投票権法を通過させた後、キング牧師は新たな戦いを開始しました。それは「貧しい人々のキャンペーン」(Poor People’s Campaign)とベトナム戦争反対運動でした。ベトナム戦争反対を公に表明したことで、近しい支持者の多くはキング師から離れていきました。キング牧師の晩年を追ったHBOの新たなドキュメンタリーKing in the Wilderness(『キング牧師の孤立』)からクリップを紹介するとともに、ピュリッツァー賞に輝く歴史家テイラー・ブランチに話を聞きます。ブランチが執筆した三部作America in the King Years(『キング牧師時代のアメリカ』)は、今回のドキュメンタリーでも取り上げられています。監督のピーター・クーンハートと脚本のトレイ・エリスにも話を聞きます。

Syndicate content