« 前  

2018年12月3日(月)

  次 »
  • ジョージ.H.W.ブッシュ元大統領がヒューストンで30日夜、94歳で亡くなりました。1988年、米国の第41代大統領に選出され、CIA長官経験者で大統領になった最初で唯一の大統領です。1981年から1989年までレーガン大統領の副大統領を務めました。これまでのところメディアは大統領在任中の業績に焦点を当て、より親切で寛大なアメリカを呼びかけた大統領として讃えています。しかし、こうしたヘッドラインはブッシュが遺した他の遺産を大幅にごまかし、無視するものとなっています。本番組では1991年の湾岸戦争、イラン・コントラ事件に関与した6人のレーガン政府高官への恩赦、人種差別的宣伝が彼の大統領当選に役立ったことなどを見ていきます。調査報道サイト「インターセプト」のコラムニスト、メフディ・ハサンから詳しく聞きます。最新記事は“The Ignored Legacy of George H.W. Bush: War Crimes, Racism, and Obstruction of Justice”(「無視されたジョージ.H.W.ブッシュの負の遺産:戦争犯罪、人種差別、司法妨害」)です。

  • ジョージ.H.W.ブッシュが亡くなったのは世界エイズデーの前夜でした。1990年代のHIV/AIDS危機に何の対策も打たなかった第41代大統領のことを記憶しているHIV/AIDS活動家にとっては、忘れられない皮肉と言えるでしょう。ジョージ.H.W.ブッシュは、レーガン政権の副大統領時代に起きたHIV/AIDS危機についてほとんど語らず、レーガン大統領が初めてエイズに言及したのは任期が終わる2年前でした。ジョージ.H.W.ブッシュは大統領当選後、対策を強化するとの公約に反して、HIV/AIDS教育、予防プログラムの取り組みや予算化を拒否し、薬剤治療についても同様でした。ジャーナリストでありニューヨーク大学でアメリカ研究の博士号取得候補者であるスティーブン・スラッシャーに詳しく聞きます。ジェンダー・性的マイノリティーに対する報道研究としてノースウェスタン大学に設けられた「ダニエル・H.レンバーグ教授」に任命されました。ネイション誌掲載の最新記事は“It’s a Disgrace to Celebrate George H.W”(「ジョージ.H.W.ブッシュを賞賛するのは恥ずべきこと」)です。

  • サンダース・インスティチュートが開催する催しに参加するため先週末、国際的な進歩的指導者数百人がバーモント州バーリントンに集まりました。グリーン・ニューディール、最低賃金の引上げ、ソーシャル・セキュリティ制度の保護などについて、エイミー・グッドマンがバーモント州無所属上院議員バーニー・サンダースと話し合いました。11月末に上院で可決した歴史的投票についても語りました。サウジアラビアが主導し米国が支援するイエメンでの戦争を終結に向かわせるための法案です。サンダースも共同提出者の一人です。

Syndicate content