« 前  

2018年10月17日(水)

  次 »
  • ワシントンポスト紙の記者ジャマル・カショギが失踪し、死亡が推測されている件で新たな詳細情報が浮上しています。カショギは、2週間以上前にイスタンブールのサウジ領事館で、身体を切断された時、まだ生きていたという報道です。トルコのある消息筋は、カショギは7分後に死亡したと述べています。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、殺害に関与したと見られるサウジアラビア人15人のうち4人は、モハメド・ビン・サルマン皇太子の警護特務部隊と直接のつながりがあります。アルジャジーラの上席記者で国際的な受賞歴のあるジャマル・エルシャヤールから詳しく聞きます。彼は昨年、独立系ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ(Middle East Eye)」に、「モハメド・ビン・サルマンの台頭:警鐘が鳴らされるべき」("The rise of Mohammed bin Salman: Alarm bells should be ringing.")と題する記事を寄稿しています。

  • サウジアラビアのジャーナリストでワシントン・ポスト紙のコラムニストであるジャマル・カショギの衝撃の死に関して、新事実が明らかとなり、国際的に怒りの声が高まっています。サウジアラビアが長年にわたり反政府活動家を標的としてきた歴史について調査報道記者のサラ・アジージャから話しを聞きます。サウジアラビアで女性の運転禁止令が廃止される数週間前にサウジ政府は、同国の著名な女性の権利活動家数人を逮捕しました。逮捕された中には、数十年にわたり女性の運転の権利を求めてきた女性が含まれています。サラ・アジージャは「危機の報道のためのピューリツアーセンター」(Pulitzer Center for Crisis Reporting)の支援を得てサウジアラビアから報道を続けてきました。調査報道サイト「インターセプト(The Intercept)」への最新の寄稿記事のタイトルは、「ジャマル・カショギは最初ではない---サウジアラビア政府は何十年も海外の反体制活動家をつけ回してきた(“Jamal Khashoggi Wasn’t the First – Saudi Arabia Has Been Going After Dissidents Abroad for Decades.”)」です。

  • アラブ首長国連邦(UAE)がイエメンの政官指導層の暗殺を実行するため傭兵を雇ったとする衝撃的な調査報道が明かるみに出ました。米国の特殊作戦に携わった元エリート兵士らが、「テロリスト」と見なされる人々の殺害に加わるよう、アラブ首長国連邦に有給で雇用されました。アラブ首長国連邦は、イスラエル系アメリカ人のエイブラハム・ゴランが設立した米国の会社スピア・オペレーションズ・グループ(Spear Operations Group)と協働しました。ゴランはニュースサイト「バズ・フィード(BuzzFeed)」に、「イエメンには、標的を定めた暗殺計画があり、私が指揮していた」と語っています。このグループの最初の標的とされたのは、アル・イスラー党の現地指導者でした。2011年のノーベル平和賞受賞者タワックル・カルマンもこの政党の党員です。この事件を明らかにしたバズ・フィード・ニュースのジャーナリスト、アラム・ロストンから詳しく聞きます。彼の最新記事は、「中東の君主が政敵殺害のために米国人の元兵士を雇用。これが戦争の未来像?(“A Middle East Monarchy Hired American Ex-Soldiers To Kill Its Political Enemies. This Could Be The Future Of War.”)」です。

Syndicate content