« 前  

2018年7月5日(木)

  次 »
  • 連邦判事が、亡命・難民申請者をトランプ政権が恣意的に勾留することはならないという判決を下しました。連邦地方裁判所のジェームズ・ボースバーグ判事は、帰国を恐れる根拠があることを証明する「恐怖への信頼性についての面接」(credible fear interview)」に合格した亡命希望者は無期限に勾留するのではなく、人道的臨時入国許可を与えられるべきであるとの判断を下しました。今回の裁判は米国自由人権協会(ACLU)、「ヒューマンライツ・ファースト」(Human Rights First)、「ジェンダーおよび難民学センター」(Center for Gender and Refugee Studies)が起こしたものです。ジェンダーおよび難民学センターの共同法務理事ユニス・リーに話を聞きます。

  • 米保健社会福祉省(HHS)は未だ、国境で両親から引き離され勾留されている移民児童数を公開していません。先週、HHSのアレックス・アザー長官は、難民再定住局は親から引き離された未成年2047人を預かっていると発言しています。しかし、トランプ政権は裁判所の命令により、5歳以下の未成年全員を親元に返さなくてはならないとする7月10日の期限が迫っているにも関わらず、同省は最新の統計を発表せずにいます。一方CNNの報道によれば、国土安全保障省(DHS)は移民の子どもたちのDNAサンプルを採取しています。移民局員は合意なしに、僅か2ヶ月の子どもからも口内を拭いDNAを採取していると報道されており、これは表向きには後に親元に返すことが目的だとされていますが、権利保護団体は、米連邦政府はこれで若い移民を一生追跡することが可能になると批判しています。米メキシコ国境で亡命希望者と協力する「移民擁護センター・ラス・アメリカス」(Las Americas Immigrant Advocacy Center)理事長で法務部長のリンダ・リバスに話を聞きます。

  • トランプ大統領の「ゼロ容認」(Zero Tolerance)政策で、国境で引き離された家族の再会に米政府は悪戦苦闘していますが、勾留中のホンジュラス人の母親のひとりが、同じく拘留される母親たちと協力して自分たちの子どもたちを見つけようとしています。ニューヨーカー誌の報道によれば、メイベル・ゴンザレスは現在、自身が拘留されているテキサス州エルパソの拘留センターで子どもたちから引き離された母親たちの事例を入念に記録しています。ゴンザレス自身、トランプ政権が「ゼロ容認」政策を発表する8か月前に、十代の息子二人と引き離されました。勾留中はノートの所有が許されていないにも関わらずゴンザレスは、子どもとバラバラにされた他の母親たちの詳細について記録を取っています。ゴンザレスはその情報をエルパソ の「移民擁護センター・ラス・アメリカス」(Las Americas Immigrant Advocacy Center)」に託すことで、子どもたちの居場所を突き止めようとしているのです。移民擁護センター・ラス・アメリカス理事長で法務部長のリンダ・リバスに話を聞きます。

  • トランプ政権はテキサス州に移民用強制収容所を設置したのでしょうか? 答えは「イエス」だ、と少なくともひとりの専門家は言います。それはOne Long Night: A Global History of Concentration Camps(『長い一夜--強制収容所の世界史』)の著者アンドレア・ピッツァーです。ピッツァーは最新記事の中で「収容所の歴史を執筆した時、私は強制収容所をこう定義した。裁判無しの市民の大量勾留、多くの場合それは人種、宗教、出身国、市民権または支持政党を基に行われ、個人の行いにより判断されるものではない。この定義によれば、テキサス州トーニローに設置された新たな子供用収容所は、強制収容所に当たる」と言います。ワシントンよりアンドレア・ピッツァーに話を聞きます。

Syndicate content