« 前  

2018年7月4日(水)

  次 »
  • フレデリック・ダグラスの言葉で7月4日の独立記念日特集を始めます。1818年頃、奴隷として生まれたダグラスは、奴隷制廃止運動の指導者の一人となりました。1852年7月5日、ニューヨーク州ロチェスターにおいて彼は、彼の最も名高い演説の一つ「黒人にとっての独立記念日の意味」を行ないました。「ロチェスター婦人奴隷制反対協会」の人々へ向けた行われた演説です。歴史家ハワード・ジンの名著Voices of a People’s History of the United States.(『民衆の米国史の声』)の朗読イベントで俳優のジェームズ・アール・ジョーンズが行った朗読でお聴きください。ジンがジョーンズを紹介するシーンからスタートです。

  • イエール大学の法学教授で著作家のジェームズ・フォーマン・ジュニアの新著Locking Up Our Own: Crime and Punishment in Black America.(『自分たちの手で投獄:アメリカ黒人社会の罪と罰』)は、一般ノンフィクション部門で2018年度ピューリッツァー賞を受賞しました。同賞の選考委員会は、司法制度に関する広範な経験と深い知識に基づいて米国の現在の刑事司法制度の歴史的ルーツとそれが往々にして非白人市民およびそのコミュニティーにもたらしている壊滅的な結果を検証したとして、同書を賞賛しています。フォーマンは、公民権運動家ジェームズ・フォーマン・シニアとコンスタンシア・ロムリーの間に生まれた息子です。二人は、1960年代にSNCC(学生非暴力調整委員会)での活動を通して知り合いました。

Syndicate content