« 前  

2018年6月21日(木)

  次 »
  • トランプ大統領は国境で親子を引き離す政策を終わらせると彼が主張する大統領令に署名しました。しかし、批評家たちはこの大統領令が家族全員の無期限こう留につながる可能性があると警告しています。米政府には、すでに家族から引き離された数千人の子供たちとその親たちを再会させる計画はありません。ワシントンDCから、マックラチー紙ワシントン支局のホワイトハウス特派員であるフランコ・オルドネスに話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは、”Trump’s immigration order replaces one crisis with another”(「トランプの移民令は1つの危機を別の危機に置き換えるだけ」)です。

  • 国境での家族引き離しを終わらせるというドナルド・トランプ大統領の大統領令は、代わりに家族をまとめて無期限こう留することを選択しています。ネイション誌によれば、この政策で米国の二大刑務所運営企業が直接利益を得ることになるだろうと報告しています。この2つの企業は、「GEOグループ」と、以前は「コレクションズ・コーポレーション・オブ・アメリカ」(Corrections Corporation of America)という社名で知られた「コアシビック」(CoreCivic)です。テキサス州オースティンを拠点とする公民権と人権団体「草の根リーダーシップ」(Grassroots Leadership)の代表ボブ・ライバルに話を聞きます。この団体は、テキサス州が米移民税関捜査局(ICE)の家族収容所を「育児施設」として分類したことで同州を訴えました。彼らは勝訴しましたが、このような家族収容所は引き続き無免許のまま運営されています。テキサス・オブザーバー紙に掲載された彼の新記事のタイトルは”It’s Time to Decriminalize Immigration”(「移民を非犯罪化するべきときが来た』)です。

  • 家族の引き離しを終わらせると主張するトランプの大統領令にも関わらず、米政府には国境で両親から引き離された数千人の子供たちを親たちと再会させる計画はありません。「テキサス公民権計画」(Texas Civil Rights Project)の政策提言部長であるザネン・ハイメスに話を聞きます。彼は、トランプが「ゼロ・トレランス(容赦ゼロ)」政策を始めて以来、テキサス州マッカレンの連邦裁判所に毎日赴いている同団体のチームの一員です。同チームは、子供たちから引き離された親たちが国境を越えたことで、刑事裁判にかけられる前に、彼らから情報を集めています。

  • 衝撃的な報告が、移民の子供たちがテキサス州南部の収容所で強力な精神薬によって鎮静化され身体機能を奪われたことを明らかにしています。リビール誌の報道によると、ヒューストン南部の「シャイロ処理センター」(Shiloh Treatment Center)に収容されている子供たちは「彼らに眩暈を起こさせ、だるくさせ、太らせて、身体機能を奪いさえする薬を強制的に注射されている」ことを訴訟文書が示しています。一方、リビール誌の別の調査によると、移民の若者収容施設を運営する企業が蔓延する性的および身体的虐待の告発に直面しているにもかかわらず、米国の納税者はこうした企業に過去4年で、15億ドル以上を払っています。こうした事実を明らかにした記者オーラ・ボガードに、さらに詳しく話を聞きます。彼女は「調査報道センター」(Center for Investigative Reporting)が発行するリビール誌の移民担当記者です。彼女の最新記事は、 “Immigrant children forcibly injected with drugs, lawsuit claims”(「移民の子供たちが薬を強制的に注射されていると訴訟で主張」”Migrant children sent to shelters with histories of abuse allegations”/「移民の子供たちは虐待の告発歴がある収容所に送られている」)です。

  • イエメンにあるアラブ首長国連邦(UAE)が運営する刑務所に収容されているイエメン人囚人たちへの蔓延する性的暴力を新調査が明らかにしています。AP通信は、イエメン南部の都市アデンで3月、15人の刑務所職員が囚人たちを並ばせ、密輸された携帯電話を探していると言って、肛門内を調べる前に服を脱ぐように命令したと報じています。囚人たちは泣き叫び、抵抗した者は殴られ、犬で威嚇されました。数百人の囚人たちが同じような虐待を受けたと報じられています。しかし、この記事で引用されている米国防総省の報道官は、こうした申し立ては立証されていないと述べました。UAEは米国の主要同盟国で、イエメンへの軍事攻撃でサウジアラビアと提携しています。こうした事実を明らかにした記者マギー・マイケルに話を聞きます。彼女はカイロを拠点とするAP通信の記者です。彼女の最新暴露記事のタイトルは “Detainees held without charges decry Emiratis’ sexual abuses”(「罪状なしで収容されている抑留者たちがUAEの性的虐待を非難」)です。彼女は2017年、”In Yemen’s secret prisons, UAE tortures and US interrogates”(「イエメンの秘密刑務所でUAEが拷問し米国が尋問」)というタイトルの記事で刑務所について報じました。

Syndicate content