« 前  

2017年10月31日(火)

  次 »
  • ドナルド・トランプ大統領の元選対本部長ポール・マナフォートと、マナフォートのかつてのビジネス上の同僚であるリック・ゲーツは、資金洗浄(マネーロンダリング)、届出なしでウクライナの元親ロシア派政府の代理人として活動した事実、米国に対する陰謀を含む罪状で起訴され、連邦捜査局(FBI)に出頭しました。米政府は、この起訴は現大統領の2016年の大統領選とは関係ないと述べています。しかし、トランプは10月30日に彼の元選対顧問ジョージ・パパドプロスがFBIへの偽証の罪を認めた直後から、ツイートするのを止めています。新たな記事の中で、「ジョージ・パパドプロスの起訴はジェフ・セッションズ司法長官にとって極めて悪いニュース」と記しているマーシー・ウィーラーから話を聞きます。

  • プエルトリコからの映像です。プエルトリコの電力会社と、ライアン・ジンキ米内務長官の故郷にちなんで名付けられたモンタナ州拠点の小企業ホワイトフィッシュとの3億ドルの契約について米連邦捜査局(FBI)が捜査しています。「全住民が最も脆弱なときに、人が彼らに詐欺行為を働きうるということに本当にがっかりさせられます」と、サンフアン市のカルメン・ユリン・クルス市長は言います。副市長のラファエル・ハウメからもホワイトフィッシュの契約について話を聞きます。

  • ハリケーン「マリア」から5週間以上経った今も、国連の専門家たちが「憂慮すべき」状況と警告しているプエルトリコについての報道を続けます。デモクラシー・ナウ!のチームは10月第4週末に同島に向かいました。私たちは10月27日の午後、サンフアン市のカルメン・ユリン・クルス市長との長時間インタビューを行い、9月20日にハリケーン「マリア」が襲って以来のプエルトリコの変化、トランプからの攻撃、彼女の将来への展望について話を聞きました。

Syndicate content