« 前  

2017年9月12日(火)

  次 »
  • ハリケーン「イルマ」によって、カリブ諸島で最も甚大な被害を受けた国のひとつは、10人が死亡したキューバでした。「イルマ」はカテゴリー5の勢力で、キューバの北岸を直撃しました。これは、ハリケーン「デニス」で16人が死亡した2005年以来、キューバで最悪のハリケーンでした。キューバは長い間、ハリケーンへの防災と復興において世界的リーダーと見なされてきました。「国際政策センター」(Center for International Policy)によると、米国でハリケーンによって人が死亡する危険性はキューバの15倍だといいます。一方、キューバはすでに、750人以上の医療従事者たちをアンティグア、バーブーダ、セントキッツ、ネイビス、セントルシア、バハマ、ドミニカ、ハイチに派遣しました。国際政策センターのキューバ計画の代表であるエリザベス・ニューハウスに、さらに詳しく話を聞きます。彼女は、キューバの防災準備を視察するために、米国からキューバへ多くの派遣団を連れて行っています。

  • 米連邦緊急事態管理庁(FEMA)のブロック・ロング長官は9月12日、ハリケーン「イルマ」によって生じた被害を直接見るためにプエルトリコと米領バージン諸島を訪問します。プエルトリコでは、ハリケーンの直撃はなかったという事実にも関わらず、30万人が停電したままです。担当当局は、プエルトリコの経済危機の影響もあり、島の一部では最大6カ月間停電する可能性もあると警告しています。米国によって強要された財政カットとダイベストメント(投資撤退)が「イルマ」のあとの電力危機の一因となっている理由について、フアン・ゴンザレスに聞きます。

  • 「沈黙の嵐」。これは、メディアによる徹底的なハリケーン報道のなかで気候変動についての議論が欠如していたことを指摘する、監視団体「パブリック・シチズン」(Public Citizen)による新報告書のタイトルです。すべてのテレビ局網がハリケーン「ハービー」の勢力と「異常気象」であることについてコメントしながらも、より温かい海洋温度とより強い風の関連、より温かい大気が雨の量を増やしていること、海水面の上昇が高潮の悪化を招いていることについて説明した局はなかったと言っていいでしょう。この報告書は、ハリケーン「ハービー」についての18のメディアの報道について検証しました。その中には、10紙の主要新聞と3誌の週刊ニュース誌、そしてABC、CBS、NBC、CNNとフォックス・ニュースの全米放送番組が含まれ、ハリケーン「ハービー」についての8日間分の報道が検証されました。同報告書は、「多くのメディアは[気候変動]問題についてほとん議論しない、またはその重要な側面について報道しなかった。3つの主要放送局のうちの2つABCとNBCは、ハリケーン「ハービー」を報道する文脈の中で気候変動については全く触れなかった」と結論付けています。パブリック・シチズンの気候プログラムの責任者であるデビッド・アーカッシュから話を聞きます。

  • ハリケーン「ハービー」から2週間後のテキサス州ヒューストンについてのニュースで本日の放送を締めくくります。歴史的な洪水に見舞われた住民たちは、役人たちが途方にくれている一方で、立ち往生している数千人の人々を救助しようとお互いに連携し合いました。相互援助のボランティア精神は、嵐の後の今も続いています。浸水した家を掃除したり、すべてを失った数千人の人々に食べ物を与えたり、必要とされるカウンセリングを提供したりするために、いかに多くのヒューストン市民が分散型のネットワークを構築しているかについて、ルネ・フェルツからの報告を放送します。

Syndicate content