« 前  

2017年7月28日(金)

  次 »
  • 米上院で医療費負担適正化法(通称オバマケア)廃止法案は49票対51票の僅差で否決され、米共和党とトランプ大統領にとって手痛い敗北となりました。この時国会議事堂の場外に集まっていた抗議者たちは、歓喜に沸き「Yes, we did」(よし、やった)を連呼しました。オバマケアの「廃止と差し替え」はトランプ大統領と共和党が国民に約束し7年を費やした政策であり、彼らにとっては手痛い敗北です。否決された法案は、廃止の範囲を縮小した通称「スキニー廃案」(skinny repeal)と呼ばれるもので、個人への医療保険加入義務と特定の企業に対して従業員のための医療保険加入を義務づける条項を削除するものでした。ヘルスケア保護の草の根運動、「ヘルスケア・フォー・アメリカ・ナウ」(Health Care for America Now) のマルガリーダ・ジョージに話を聞きます。

  • アイオワ州に拠点を置くカトリック教徒の活動家が、物議を醸す38億ドルのダコタ・アクセス・パイプラインの建設を中止させるために、密かに数々の妨害行為や放火を行っていたことを最近になって公表しました。この2人の活動家ジェシカ・レズニセックとルビー・モントヤに、いかにして、なぜパイプライン建設用の重機に火をつけたのかを聞きます。彼女たちは、この行動は核兵器と軍事基地をターゲットにした非暴力の直接行動であるプラウシェア(剣を鋤に)運動から発想を得たものだと話します。

  • テキサス州オースティンで、トランプ大統領の不法移民に寛容な「聖域都市」への圧力とDACAプログラム(幼少期に米国に到着した移民への滞在延期措置)の打ち切り計画に対し抗議したとして、4人の在留資格のない移民たちが拘束されました。これは移民関税捜査局(ICE)が、在留資格のない10代の若者たちをギャングとのつながりがあるとしてターゲットにした捜査を実施している最中に起こりました。ICEが「ギャングとのつながりを示す」としている判断基準は、入れ墨をしている若者、ギャングのような服装をしている若者、ギャングが活動していると言われている地域にたむろしている若者などを含みます。どのくらいの移民が不当にギャングのメンバーとしてターゲットとなっているのかについて、テキサス州で拘束された4人の1人カタリーナ・アドルノとギャング暴力防止プログラムを提供する「ホーミー・ウニドス」の創設者であり事務局長のアレックス・サンチェスに話しを聞きます。

Syndicate content