« 前  

2017年4月4日(火)

  次 »
  • ドナルド・トランプは75日前の2017年1月20日、第45代アメリカ合衆国大統領に就任しました。トランプはイラク、シリア、イエメン、ソマリアでの米の軍事行動を拡大し、またバーレーンへの武器売却を再開しました。トランプ政権は、国連での核兵器禁止条約の国連交渉会議のボイコットを先導する一方、米国がもつ核兵器の拡大を推し進めています。トランプは、環境保護庁とエネルギー省のトップに気候変動否定論者を任命し、気候変動と闘う環境保護庁の計画を削減しました。彼はまた、失敗に終わりましたが、難民とムスリムが多数派を占める国の国民の入国を禁止しようとし、医療保険制度改革法(オバマケア)を撤廃しようとしました。トランプ大統領の最初の75日間について、世界的に有名な体制批判家で言語学者、作家のノーム・チョムスキーに話を聞きます。本日4月4日に発売された彼の新刊のタイトルはRequiem for the American Dream: The 10 Principles of Concentration of Wealth & Power(『アメリカン・ドリームへのレクイエム:富と権力を集中させる10の原則』)です。

  • トランプ大統領は、医療保険制度改革法(オバマケア)を撤廃し代替法案を可決しようとする共和党の計画を全力で支持しました。しかし彼は、最大2400万人から医療保険を奪う一方で富裕層に大規模な減税を与える共和党の計画を可決するに十分な支持を集めることができませんでした。世界的に有名な体制批判家で言語学者、作家のノーム・チョムスキーに、さらに詳しく話を聞きます。本日4月4日に発売された彼の新刊のタイトルはRequiem for the American Dream: The 10 Principles of Concentration of Wealth & Power(『アメリカン・ドリームへのレクイエム:富と権力を集中させる10原則』)です。

  • 大統領就任式以来、トランプ大統領は、彼の選挙陣営が2016年の大統領選に影響を与えるべくロシアと共謀した疑惑をめぐり、相次ぐメディアスキャンダルと捜査の只中にいます。しかし、この問題についての民主党の執着が、トランプ政権の行動から米国民の注意をそらしていないでしょうか? また、米国が長い間にわたって、他の国々の選挙に影響を及ぼし、民主的に選ばれた指導者たちを転覆させてきたことを考えれば、ロシアの介入への反発は笑止千万ではないでしょうか? それが、世界的に有名な言語学者で作家、体制批判家のノーム・チョムスキーの意見です。チョムスキーの新刊が発売される日に、彼に話を聞きました。新刊のタイトルは、Requiem for the American Dream: The 10 Principles of Concentration of Wealth & Power(『アメリカン・ドリームへのレクイエム:富と権力を集中させる10の原則』)です。

  • トランプ大統領は4月6日、彼が所有するフロリダのリゾート「マール・ア・ラーゴ」で、中国の習近平国家主席と会談する予定です。会談を前に、トランプはフィナンシャル・タイムズ紙とのインタビューの中で、核兵器開発計画をめぐり北朝鮮に対して単独での行動も辞さないと述べました。トランプは、「もし中国が北朝鮮問題を解決しようとしないなら、我々がする」と述べました。彼の警告の前、米軍と韓国軍は3月いっぱい数週間にわたる軍事訓練を行い、一方で北朝鮮はロケットエンジンとミサイルの実験を行いました。世界的に有名な体制批判家で言語学者、作家のノーム・チョムスキーに、さらに詳しく話を聞きます。

  • ナオミ・クラインは、トランプ政権を「企業クーデター」と呼びました。ワシントンポスト紙は「トランプを支持した郡の86%の年間総生産額は、トランプ政権の高官27人がもつ資産よりも少ない」と報じています。世界的に有名な体制批判家で言語学者、作家のノーム・チョムスキーに、さらに詳しく話を聞きます。

  • 多くの人が、トランプは製造業を復活させるという選挙戦での公約を果たすことができなといいう事実から米国民の注意をそらすため、移民と難民をスケープゴートにしようとしていると非難しています。しかし、もし注意をそらすのにスケープゴートだけでは十分でなくなったら、その後何が起こるのでしょうか? 世界的に有名な言語学者で体制批判家、作家のノーム・チョムスキーは、次のステップはトランプ政権がテロ攻撃をでっちあげることになるだろうと言います。チョムスキーに、さらに詳しく話を聞きます。彼の新刊Requiem for the American Dream: The 10 Principles of Concentration of Wealth & Power(『アメリカン・ドリームへのレクイエム:富と権力を集中させる10原則』)は本日4月4日に発売されます。

  • 米政府は、トランプ政権の最初の75日間で、米国とイランとの戦争の可能性を高める幾つものステップを取りました。トランプは彼の1回目と2回目のムスリム入国禁止令の両方にイランを含めました。大統領候補だったとき、トランプは、画期的なイランとの核合意を破棄するとも警告していました。世界的に有名な体制批判家で言語学者、作家のノーム・チョムスキーに、さらに詳しく話を聞きます。

Syndicate content