« 前  

2017年3月31日(金)

  次 »
  • 第45代米大統領に就任してから10週間、トランプ大統領は、2016年の選挙戦でロシアと結託していたとの告発で、ますます危機に陥ってきました。30日には、元国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリンが訴追免責と引き換えにFBIと議会調査官に証言する意向だとの報道が浮上しました。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、下院情報委員会委員長デビン・ヌネス共和党議員とホワイトハウスの敷地で秘密裏に会い米情報機関の秘密報告者を見せたとされる二人のホワイトハウス高官のうち、一人はフリンの元側近です。一方、上院情報委員会は30日、この問題についての最初の公聴会を行いました。「ロシア側の視点を知り、プーチン大統領とその周辺を理解したいというのなら、そしてもちろんそれが我々の望みですが、相手方が我々をどう見ているか、他のすべての国が我々をどう見ているかを、賛否は脇において彼らの視点から理解しなければなりません」と、南カリフォルニア大学のロバート・デイビッド国際関係学教授は語ります。「それをしてみればすぐに、彼らの判断基準には米国が過去に犯した誤ちが大きく関係していることが分かるはずです。90年代のロシアの政治への米国の干渉です。私たちは当時、大統領選に直接介入し、負けそうだったボリス・エリツィン候補を勝たせてやりました」

  • レックス・ティラーソン米国務長官は今週トルコを訪問しています。ティラーソン長官が、トルコが独裁政治に陥る可能性に懸念を表明するのをいかに怠っているかに目を向けましょう。昨年のクーデター未遂事件の後、トルコで起きている一斉逮捕や反対派の追放、また報道機関への弾圧について、ティラーソンはなにも公式に言及しませんでした。一方トルコ側は、米国がクルド人武装勢力がトルコ国内で反乱を仕掛けていると主張しながら、その裏でシリアとイラクのクルド人勢力を支援していることに、不満を表明しています。トルコは4月に憲法改正のための国民投票を予定しており、エルドアン大統領に強大な権限を与え、彼の任期を2029年まで延長するかどうかを決めようとしています。米国クルド情報ネットワーク(American Kurdish Information Network)代表のカニ・シュラム(Kani Xulam)に話を聞きます。

  • 入国管理当局は、在留資格のない活動家を政治活動を理由に狙い撃ちしているのでしょうか。バーモント州の著名な移民権利活動家3人がこのほど、移民・関税捜査局(ICE)によって勾留されました。地元の活動家らは、明らかな政治的な報復だと反発しています。勾留施設で11日を過ごし、3月27日に釈放されたエンリケ・バルカサールとスルリー・パラシアスに話を聞きます。二人はともに、移民権利擁護団体「移民の正義」(Migrant Justice)のリーダーです。彼らは3月中旬、同団体の事務所を出てきたところを、バーモント州バーリントンのICEの私服捜査官によって逮捕されました。キケという名で知られるバルカサールは、バーモント州司法長官T・J・ドナバンの移民特別委員会で活動していました。同委員会は、トランプ政権の移民政策に対応するために作られたものです。「移民の正義」のもう一人の活動家、セサール・アレックス・カリーヨは、ICEに逮捕されて勾留施設に入れられたままです。移民弁護士のマット・キャメロンにも話を聞きます。

Syndicate content