« 前  

2017年3月29日(水)

  次 »
  • 連邦議会では、共和党員である下院情報委員会のデビン・ヌネス(Devin Nunes)委員長に対し、大統領選でのトランプ陣営とロシアとの共謀の可能性を探る同委員会の調査から退くべき、との声が高まっています。この論争のなか、調査自体は止まっています。28日に下院情報委員会では司法長官代行を務めていたサリー・イエーツ(Sally Yates)の証言が予定されていました。しかしヌネスは先週、この公聴会をキャンセルしました。それはイエーツと、やはり28日に証言が予定されていた前CIA長官ジョン・ブレナンの二人が、ホワイトハウスの官僚たちによって出された声明とは食い違う証言になるだろう、と政府に知らせた翌日でした。ワシントンポスト紙は、ホワイトハウスがイエーツの証言を阻止しようとしていると報道しています。ホワイトハウスの報道官ショーン・スパイサーは、この報道を「100%虚偽の報道」と呼びました。

    下院情報委員会は現在、今週中の会合をすべてキャンセルしています。議員たちは、ヌネスがホワイトハウスの敷地内で情報提供者と会い、米国情報機関の機密報告書を大統領へのブリーフィング前に見ていたことが露見した後、彼が委員長職を退くよう要求しています。ヌネスは、その報告書が示すのは、トランプ大統領またはその協力者たちの行動が、米国のスパイ機関が外国人対象の監視活動をする中で「偶然」収集された可能性だ、と述べました。ヤフーニュースの主任調査報道記者マイケル・イシコフ(Michael Isikoff)に話を聞きます。彼の最新の記事は「民主党トップがヌネス外しを求めるなか、ロシア疑惑の調査は大混乱」と題されています。

  • トランプ大統領の娘婿ジャレッド・クシュナーは、2016年大統領選でのトランプ陣営とロシアとの関与について調査している上院委員会で証言をすることに同意しました。彼はまた、米国が制裁措置を受けているロシアの国営開発銀行VEBのトップと昨年12月に会談したことについても質問されるかもしれません。この制裁措置は、オバマ大統領が2014年に、ロシアのウクライナ軍事進攻を受けて科したものです。VEB銀行は27日にクシュナーとの会合があったことを公表し、クシュナーの行動は「クシュナー社のトップとして」のものだと述べました。しかしこの情報は、ホワイトハウス報道官のショーン・スパイサーの声明とは食い違っています。スパイサーは27日に、クシュナーはこの会合でトランプ氏の顧問として行動していたのであり、民間開発事業者としてではない、と述べています。この問題が発覚したのは、クシュナーが上院委員会での証言に同意したその日のことでした。

  • トランプ大統領は29日、オバマ大統領によって制定された多数の気候関連の規制を撤廃する大統領令に署名しました。この大統領令が実行されれば、米国は気候変動の影響を抑制するために温暖化ガス排出量を削減するという2015年のパリ協定の誓約を、果たせないことが確実になります。今回の大統領令は、温暖化ガス排出を制限し、火力発電所に替えてソーラーや風力の発電施設を新設するというオバマ大統領の「クリーン・パワー計画」(Clean Power Plan)を、取り消す第一歩となります。NAACP(全米黒人地位向上協会)の「環境と気候正義プログラム」責任者ジャクリーヌ・パターソンに話を聞きます。

  • 連邦下院議会は29日、インターネット・サービス・プロバイダがユーザーの閲覧履歴や他の個人情報を販売することを可能にする法案を、僅差で可決しました。この法案により、ベライゾン(Verizon)、コムキャスト(Comcast)、AT&Tなどの企業が、サイト閲覧履歴など秘密にすべき個人情報を収集し、販売することを容易にします。先週、上院もこの案件を可決しましたが、投票の賛否は民主党(反対)と共和党(賛成)で大きく分かれました。トランプ大統領はこの法案に署名するとみられています。ジョージタウン大学ローセンターのプライバシー及びテクノロジーセンター副所長ローラ・モイ(Laura Moy)に話を聞きます。

Syndicate content