« 前  

2017年3月23日(木)

  次 »
  • 本日は、2016年大統領選でコーク兄弟も顔負けの手法でトランプを勝利に導いたと言われる、ロバート・マーサーについて見ていきます。秘密主義の億万長者でヘッジファンド界の大物でもあるマーサーは、娘のレベッカとともにドナルド・トランプの勝利に大きく貢献したと多くが語っています。トランプの大統領上級顧問スティーブ・バノンは、「マーサー親子がトランプ革命の土台を築いたのです。過去四年間に彼らが献金した人々の顔ぶれを見るとマーサー親子は、コーク兄弟を含む他を差し押さえて最大のインパクトを与えたこと間違いありません」と述べています。バノンと大統領顧問ケリーアン・コンウェイは、トランプ陣営に参加する前からマーサー親子と親密な関係を持っていました。マーサー親子はバノンが会長を勤めた保守系オンライン・ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」(Breitbart News)だけでなく、バノンが制作した映画数作品にも資金提供していました。コンウェイは、マーサー親子が設立したスーパーPACと呼ばれる政治資金団体の運営に関わっており、当初はテッド・クルーズ上院議員の選挙運動を支援していました。マーサー親子は米国の政治風景の再形成に力を発揮しましたが、その活動は全て秘密裏に行われています。マーサー親子について、ニューヨーカー紙の記者ジェーン・メイヤーに詳しい話を聞きます。メイヤー記者の最新記事はThe Reclusive Hedge-Fund Tycoon Behind the Trump Presidency: How Robert Mercer exploited America’s populist insurgency(「トランプ政権の背後にいる秘密主義のヘッジファンド界大物――ロバート・マーサーが、いかにして米国のポピュリズムによる反乱を利用したか」)というタイトルです。メイヤー記者はまた、『ダーク・マネー--巧妙に洗脳される米国民』の著者でもあります。 (画像クレジット:ゲッティ・イメージズ)

  • ドナルド・トランプを支持するずっと前から、マーサー親子はピーター・デファジオ下院議員に対抗して出馬したアーサー・ロビンソンの下院議員選挙戦を支援しました。ロビンソンは一風変わった候補でした。彼は気候変動否定論者で、放射線の好影響について語るような人物だったのです。ロビンソンは、約1万4000点のヒトの尿サンプルを保存する「オレゴン科学薬学研究所」(Oregon Institute of Science and Medicine)の運営者で、新たなヒトの寿命延長方法を研究しているとも発言しています。マーサー親子はロビンソンの選挙運動および研究所の資金を提供しています。ニューヨーカー誌のジェーン・メイヤー記者の報道によれば、マーサー親子はトランプ政権の科学アドバイザーにロビンソン指名するよう圧力をかけました。メイヤー記者は最新記事The Reclusive Hedge-Fund Tycoon Behind the Trump Presidency: How Robert Mercer exploited America’s populist insurgency(「トランプ政権の背後にいる秘密主義のヘッジファンド界大物――ロバート・マーサーが、いかにして米国のポピュリズムによる反乱を利用したか」)で、ロビンソンについて書いています。

  • マーサー親子の政治活動で、もっとミステリアスなのが「ケンブリッジ・アナリティカ」(Cambridge Analytica)という会社です。同社はデータを扱う会社ですが、2億人以上の米国有権者の心理分析を所有していると主張しています。トランプ陣営は選挙戦で、潜在的支持者をターゲットとしたメッセージを発信するために同社を雇いました。マーサー親子は同社に資金援助をするとともに、大統領上級顧問スティーブン・バノンを同社理事に就任させました。ニューヨーカー誌のジェーン・メイヤー記者に話を聞きます。

Syndicate content