« 前  

2017年3月21日(火)

  次 »
  • 米連邦最高裁判事に指名されたニール・ゴーサッチは3月21日、指名承認公聴会の2日目のために再び米国議会に向かいます。3月20日の公聴会で、民主党上院議員たちは繰り返し、ゴーサッチの経歴と、故アントニン・スカリア最高裁判事の後任としてオバマ前大統領が指名したメリック・ガーランドを受け入れることを拒否した共和党議員たちを批判しました。ゴーサッチ判事には、人種、性別、年齢、障害、政治的差別と報復的扱いに関連する連邦レベルの裁判で、雇用者に不利な判決を下してきた長い歴史があります。アメリカ進歩センター行動基金(Center for American Progress Action Fund)の上級研究員で、ブログサイト『シンクプログレス』(ThinkProgress)の司法セクション編集者であるイアン・ミルハイザーから話を聞きます。彼の最新記事のタイトルは"The Judge Gorsuch who spoke in the Senate today is nothing like the man who wrote his opinions"(「きょうのゴーサッチ判事の上院での発言は彼が書く意見とは全く違った」)です。

  • 指名承認公聴会の2日目を迎える、米連邦最高裁判事に指名されたニール・ゴーサッチに世間の注目が集まっていますが、トランプには他に123の埋めるべき連邦判事職があります。なぜなら、共和党上院議員たちがオバマが指名した候補者たちの多くを阻止したからです。当番組では「フェデラリスト協会」(Federalist Society)の幹部であるレオナード・レオという人物が、いかにトランプによる米司法の勢力地図書き換えに重要な役割を果たしているかを検証します。ニューヨークタイムズ紙のピュリッツァー賞受賞ジャーナリストであるエリック・リプトンに話を聞きます。彼は最近、In Gorsuch, Conservative Activist Sees Test Case for Reshaping the Judiciary(「ゴーサッチについて、保守派活動家は司法再形成のテストケースと見ている」)というタイトルの記事を共同執筆しました。

  • 連邦捜査局(FBI)長官のジェームズ・コメイは、トランプ大統領の選挙活動が2016年の大統領選に影響を与えるためにロシアと協力していたどうかについて捜査していることを認めました。コメイはさらに、オバマ前大統領が大統領選中にトランプタワーのトランプの電話を盗聴していたというトランプの根拠のない主張を支持する「情報」をFBIは「もっていない」と述べました。国家安全保障局(NSA)の局長マイケル・ロジャーズもまた、オバマ前大統領が英政府通信本部(GCHQ)にトランプタワーを盗聴するよう依頼したというトランプ大統領の主張を否定しました。ウェブサイト「エンプティウィ―ル・ドット・ネット」(EmptyWheel.net)を運営するジャーナリストのマーシー・ウィーラーに、さらに詳しく話を聞きます。また、ニューヨークタイムズ紙のピュリッツァー賞受賞ジャーナリストであるエリック・リプトンからも話を聞きます。

Syndicate content