« 前  

2016年12月2日(金)

  次 »
  • 次期大統領ドナルド・トランプは1日、選挙勝利の凱旋ツアーを開始し、空調設備大手キャリア社(Carrier)がメキシコへの全面移転計画を変更し一部の雇用を国内に残すと決定した背景に自分の介入があったをことを吹聴しました。キャリア社の事業規模は数十億ドルで、親会社のユナイテッド・テクノロジーズ社は国防総省が最大顧客です。キャリア社に国内雇用を維持させるための包括インセンティブには、700万ドル相当の税制優遇措置と規制緩和が含まれていたと報じられています。一方で、インディアナ州のキャリア社従業員1000人はそれでも職を失うだろうと伝えられています。パブリック・シチズン代表ロバート・ワイズマンに話を聞きます。

  • 倫理問題の専門家たちは、次期大統領ドナルド・トランプは利害相反を避けるために自身の事業から撤退すべきだと 主張します。「人生には難しい倫理的問題がありますが、これは論外です」とパブリック・シチズン代表ロバート・ワイズマンは言います。彼は、Trump’s Conflicts of Interest are Unprecedented in American History(『トランプの利害相反は米国史上に前例がない』)の著者です。また、サンフランシスコからは、調査報道センター(CIR)の上級記者アーロン・グランツにも話を聞きます。グランツはCFRの発信サイト「リビール」(Reveal )に”Trump’s Indonesia hotel deals hint at his form of foreign relations”(「トランプのインドネシアホテル契約は彼の外交関係の形を示唆」)という記事を書きました。

  • 出口調査によると、退役軍人の間ではドナルド・トランプはヒラリー・クリントンに2倍の差をつけて得票していました。トランプ勝利の決め手となったウィスコンシン州とミシガン州では退役軍人の割合が高いことから、彼らがトランプを当選させたと言えるかもしれないとアナリストは話します。でもトランプは、「復員軍人援護局で予約がすぐに取れなかったら、開業医に診てもらうことができるようにする」という約束以上のものは明確な公約としてあげていません。このことから、多くの人々がトランプは復員軍人援護局のシステムを解体するのではないかと懸念しています。このシステムは、何世代にもわたって築きあげられてきた、戦争で負傷した人たちのニーズに答える真のスペシャリストである病院と献身的な専門医の全国的なネットワークです」と長年退役軍人の状況について長年報道しているアーロン・グランツ記者は語ります。

  • ドナルド・トランプが選んだ二人の閣僚候補について見ていきます。財務長官に選ばれたスティーブン・ムニューチンと商務長官に選ばれたウィルバー・ロスです。ムニューチンはウォール街と深いつながりを持ち、ゴールドマン・サックス社でパートナーとして働いた時期もあります。また、彼のヘッジファンドは、2008年の住宅ローン危機で破綻しつつあった起きたカリフォルニアのワンウエスト銀行を買い取りました。一方、商務長官に指名されたウィルバー・ロスは億万長者のプライベートエクイティ投資家で、専門は破綻企業を安値で買って売り飛ばすことです。彼と彼の企業は国外に雇用や工場を輸出しています。これはドナルド・トランプが選挙活動で反対していたことです。おまけに彼が買った会社は雇用や工場を海外に移転することもしばしばですがl、それはトランプが選挙戦で攻撃してきた行為です。ネイション誌に”Wilbur Ross and Steve Mnuchin—Profiteers of the Great Foreclosure Machine—Go to Washington”(「ウィルバー・ロスとスティーブン・ムニューチン 大規模な差し押さえ製造マシンで暴利を貪った連中がワシントンへ」)という記事を寄稿したデイビッド・ダエンに話をききます。

  • 何百万人もの移民を国外退去させるという 次期大統領ドナルド・トランプの公約は、彼らが訴訟で争えば無期限に拘置される可能性が浮上して、新たな注目が集まっています。現在、移民は保釈審問を受ける権利がありません。これが米国市民であれば、刑事事件で裁判にかけられることになった場合、裁判が終結するまで拘置所に収監すべきかどうかを裁判官が検討し、とくに問題がなければ保釈金など一定の条件を満たせば釈放されます。11月30日(水)、最高裁判所で移民にも同等の権利を与えるかどうかが審理されました。ニューヨーク大学法学部教授アリーナ・ダスに話を聞きます。彼女はヒラリオン・ジョセフと共にニューヨーク大学の移民権利クリニックで共同所長を務めています。ヒラリオン・ジョセフは武器輸送の罪で有罪判決を受け国外追放されそうになって不服を申し立てた際、保釈審問がなかったため3年2カ月にわたり移民勾留施設に収監されました。彼は訴訟に勝ち、ようやく釈放されました。そして今年、彼は米国市民になりました。

Syndicate content