« 前  

2016年11月29日(火)

  次 »
  • デモクラシー・ナウ!特別番組では、ドナルド・トランプがヒラリー・クリントンを破って以来、最も包括的な、バーモント州選出上院議員バーニー・サンダースのインタビューを放送します。インタビューは、エイミー・グッドマンによって、11月28日にフィラデルフィア中央図書館でおこなわれました。彼はまず、ドナルド・トランプの大統領選勝利の夜と民主党を再構築する必要性について話しました。

  • バーモント州選出の上院議員バーニー・サンダースが彼の大統領選運動を始めたとき、主要メディアは彼を泡沫候補と呼び、彼の選挙運動をほとんど無視しました。しかし民主党予備選の間、無所属で自称社会主義者の彼は、民主党の権力層全体の支持を受けて選挙運動を開始したヒラリー・クリントンと拮抗し、22の州で勝利、一般代議員の45%を獲得して全米を驚かしました。多くのサンダース支持者たちはここに来て、大統領選でドナルド・トランプと対決するには、サンダースのほうがクリントンよりも強かったかもしれないと考えています。バーニー・サンダースは11月28日夜、フィラデルフィア中央図書館(Free Library of Philadelphia)でエイミー・グッドマンによる公開インタビューを受け、企業メディア、民主党予備選、彼が「バーニーの情熱を感じ」(feel the Bern)始めたときについて語りました。

  • 元国務長官ヒラリー・クリントンがノースダコタ州スタンディング・ロックの総工費38億ドルのダコタ・アクセス・パイプラインでの継続中の闘いについて沈黙を守る一方、バーモント州選出の上院議員バーニー・サンダースは水質保護運動家たちを熱心に支援してきました。冬が始まり、水質保護運動家たちがパイプライン建設を止めさせようと奮闘し続ける中、エイミー・グッドマンは11月28日夜、フィラデルフィア中央図書館(Free Library of Philadelphia)でのインタビューの中でサンダースにダコタ・アクセス・パイプラインでの奮闘について話を聞きました。

  • ドナルド・トランプの大統領選勝利を受けて、バーニー・サンダースは、米国とメキシコの国境の全域での障壁の建設、イスラム教徒が多数を占める国からの移民データベースの復活、在留資格を持たない数百万人の移民の強制送還というトランプが提案している政策に立ち向かうことを約束しました。デモクラシー・ナウ!のエイミー・グッドマンは11月28日夜、上院議員のサンダースにインタビューし、トランプと共和党の責任を質していく方法について話を聞きました。

  • 緑の党の大統領候補ジル・スタイン博士は、ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルベニア州での票集計のしなおしを求める取り組みの一環として訴訟を起こしました。デモクラシー・ナウ!のエイミー・グッドマンは11月28日夜、フィラデルフィア中央図書館(Free Library of Philadelphia)でバーモント州選出の上院議員バーニー・サンダースにインタビューし、再集計の取り組みについて話を聞きました。

  • キューバは、革命指導者で前国家評議会議長(国家元首)フィデル・カストロの死を受けて、9日間の服喪期間に入りました。カストロは11月25日、90歳で逝去しました。ハバナでは、カストロに別れを告げるため、数万人が行列を作っています。カストロは、米国支援のキューバの独裁者フルヘンシオ・バティスタを追放するキューバ革命を起こし、その後キューバをほぼ半世紀にわたって導きました。デモクラシー・ナウ!のエイミー・グッドマンは11月28日夜、フィラデルフィア中央図書館(Free Library of Philadelphia)で聴衆の前でバーニー・サンダースにインタビューし、革命指導者フィデル・カストロの人生と功績について話を聞きました。

  • ドナルド・トランプの大統領選勝利を受け、多くのサンダース支持者たちはいまさらながら、大統領選でドナルド・トランプと対決するには、サンダースのほうがクリントンよりも強かったかもしれないと考えています。サンダースは現在、民主党を徹底的に再構築することに取り組んでいます。サンダースは11月初め、新設された「民主党上院議員アウトリーチ(有権者対策)委員長」として上院での指導的地位に選出されました。また、サンダースは、キース・エリソン下院議員が民主党全国委員会の次期委員長になることを先頭に立って推し進めています。しかし、サンダース自身は2020年の大統領選に立候補するのでしょうか? デモクラシー・ナウ!のエイミー・グッドマンは11月28日夜、フィラデルフィア中央図書館(Free Library of Philadelphia)での大統領選以来最長の放送インタビューの中で、サンダースに、2020年に再び彼が「バーニーの情熱を感じる」(feel the Bern)かどうかについて聞きました。

Syndicate content