« 前  

2016年10月20日(木)

  次 »
  • 共和党のドナルド・トランプと民主党のヒラリー・クリントン両大統領候補が、11月8日の投票日を前に、10月19日夜ラスベガスで最終討論を行いました。トランプは選挙が不正操作されているという主張を繰り返し、彼が敗北した場合その結果を受け入れるかどうかは明言できないと発言しました。このコメントに対しては、さすがに共和党陣営からも非難の声が上がっています。討論会の一部を放送するとともに、「法律における公民権保護弁護士委員会」(Lawyers’ Committee for Civil Rights Under Law)委員長兼理事長のクリステン・クラークの反応を聞きます。

  • 10月19日夜にラスベガスで行われた第三回目のそして最後の大統領候補討論会で、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントン候補が中絶医療へのアクセス及び、中絶規制を違法とした1973年の「ロー対ウェイド」判決の将来について論議しました。トランプ候補は自分が当選した暁には、「ロー対ウェイド」判決は「自動的に」破棄となると主張、中絶反対派の最高裁判事を任命することを公約し、「ロー対ウェイド」判決の是非は最終的には各州の判断に任せると発言しました。トランプはまた、後期中絶の場合「出産予定日2日、3日、または4日前など、ぎりぎりに行うこともある」と誤った主張をしました。クリントン候補はそれに対し「これらの場合、そのようなことは起こらない」と反論しました。

  • ドナルド・トランプがテレビ司会者ビリー・ブッシュに対し性的暴力行為について自慢げに語る2005年の映像が公開された後、9人の女性が続けざまに、トランプによる性的暴力被害を公表したことで、トランプ陣営は未だ対応に追われています。10月19日夜にラスベガスで行われた第三回のそして最後の大統領候補討論会でも、トランプはこれらの告発を否定するとともに、名乗り出た9人の女性は「有名」になりたいか、クリントン陣営と協力して仕組んだことだと発言しました。「私ほど女性を尊敬する人間はいない」とトランプ候補は主張しました。

  • 10月19日の大統領候補討論会後、デモクラシー・ナウ!は、米緑の党より出馬のジル・スタイン候補にインタビューしました。スタインと、リバタリアン党のゲイリー・ジョンソン候補は、民主党と共和党がコントロールする大統領候補討論委員会の厳しい規定のため、今回の討論会には招待されませんでした。

  • ピュリッツァー賞にも輝くジャーナリストのクリス・ヘッジス記者と、プリンストン大学アフリカ系米国人学部エディ・グロード教授が、戦略的投票および第三政党候補の役割について討論します。

  • 10月19日夜にラスベガスのネバダ大学で行われた第三回、そして最後の大統領候補討論会でドナルド・トランプとヒラリークリントンが対決しました。今回の討論会で最も極端だった発言のひとつとして、ドナルド・トランプが大統領選の選挙結果を受け入れないかもしれないと発言し、「それはその時に決める」と言ったことでした。トランプはまた、メキシコとの国境に巨大な壁を作ると改めて宣言しました。「米国にいる多くのバッド・オンブレス(悪い奴ら)を、国外退去処分にする」と発言しました。

  • 10月19日のラスベガスのネバダ大学での大統領候補討論会で、司会者であるフォックス・ニュースのクリス・ウォラスはヒラリー・クリントンに対して、彼女が国務長官であった当時のクリントン財団の「ペイ・ツー・プレイ」(pay-to-play)(訳注: 政治献金や裏金など、特定のサービスや特権へアクセスするために金が使われることを言う)汚職への疑惑について質問しました。トランプはハイチでの2010年の地震後のクリントン財産の活動を「恥さらし」と呼びました。

  • 米国の大統領および副大統領候補たちの討論会は、気候変動についての質問が1つもないまま幕を閉じました。今年2016年はこのまま行くと記録上最も暖かい年となるにも関わらずです。「350アクション」の常任理事メイ・ブビ-に話を聞きます。

  • 2016年米大統領選挙を歴史的観点から見てみましょう。ピューリッツァー賞受賞の歴史家でありコロンビア大学教授のエリック・フォーナーに話を聞きます。フォナーの著書はGateway to Freedom: The Hidden History of the Underground Railroad(『自由への道:地下鉄道組織の隠された歴史』)を含みます。

  • 英国のチャンネル4局とのインタビューで、伝説的なミュージシャン、ブルース・スプリングスティーンが米国大統領選についての彼の感想を述べています。「(ドナルド・トランプ)は選挙に負けるだろうし、彼もそれを知っている。彼は負けると分かっているのに、余りにも『凶悪で、有害なナルシシスト』だから、民主主義全体を自分と一緒に引き降ろそうとしているのさ」と彼は言います。「(トランプが)ここ数週間使っている言葉は、実際には民主主義全体への攻撃なんだ」

  • 2016年米国大統領選挙の討論会での特別番組で、「黒人の命も大切」の共同創設者アリシャ・ガーザに2大政党の候補者たちが討論すべきであったことについて尋ねました。「私は我が国の黒人の生活の質を維持するためには何をするべきかについての議論をもっとしてほしかった。彼らは組織的に殺害され、収監され、そうでなければ社会的に無視され、権利を剥奪されているのです」と彼女は言います。

Syndicate content