« 前  

2016年10月5日(水)

  次 »
  • 11月の米大統領選挙を前に、最初で一回きりの副大統領候補討論会が 4 日、バージニア州ファームビルのロングウッド大学で開かれ、共和党候補のマイク・ペンスと民主党候補のティム・ケインが対決しました。民主党と共和党が仕切る大統領選討論委員会が決めた厳しい規則により、リバタリアン党 のウィリアム・ウェルドと緑の党のアジャム・バラカなど第三の党の副大統領候補者達は、 討論会から除外されました。デモクラシー・ナウ!では4 日夜、特番『拡張討論会』を放送し、主要な第三の党の候補者たちが二大政党の候補者とリアルタイムで同じ質問に答える機会を設けました。 緑の党のアジャム・バラカは、バージニア州リッチモンドから生放送で参加しました。バラカは長年に渡る人権活動家で、「米人権ネットワーク」(US Human Rights Network)の創設者兼事務局長で、米国に拠点を置く「黒人左派連合ネットワーク」(Black Left Unity Network)の国際情勢委員会のコーディネーターも務めています。

  • 4 日夜、一回きりの副大統領候補討論会での対決で、バージニア州上院議員ティム・ケインとインディアナ州知事マイク・ペンスの両副大統領候補は、ドナルド・トランプ の納税記録から自らの外交政策まであらゆる論点を網羅しました。デモクラシー・ナウ!では討論会を拡張し、緑の党の副大統領候補アジャム・バラカ が、民主党のティム・ケインと共和党のマイク・ペンスに課されたのと同じ質問に答える機会を設けました。さらに、討論会終了後に、ゲストを迎えて独自の討論会を行いました。ゲストの一人アラン・ネアンは受賞歴のある調査報道記者で、3 人の副大統領候補者達の回答を聴いての感想を述べました。

  • 4 日夜、一回きりの副大統領候補の討論会の場で、副大統領候補のバージニア州上院議員ティム・ケインとインディアナ州知事マイク・ペンスは、経済、外交政策のほか、ヘルスケアについても論議を戦わせました。デモクラシー・ナウ!ではゲストを迎えた討論会を行いました。ゲストの一人でコロンビア大学法科大学院のキャスリーン・ フランケ教授は、ジェンダーとセクシュアリティ法センター(Center for Gender and Sexuality Law)所長です。彼女は、今回の選挙戦で最大の論争のひとつとなっている問題に関するペンス知事の政治歴、ペンスとケインのリプロダクティブライツ (性と生殖に関する権利)ならびに宗教に関する見解を論じました。

  • 4日、一回きりの副大統領候補討論会が、バージニア州ファームビルのロングウッド大学で開かれ、共和党候補のマイク・ペンスと民主党候補のティム・ケインが対決しました。進行役は、CBS ニュースのエレイン・キハノでした。第三の政党の 副大統領候補者達はこの討論会から除外されました。4 日夜、デモクラシー・ナウ!では特番『拡張討論会』を放送し、緑の党の副大統領候補アジャム・バラカに二大政党の候補者達と同じ質問にリアルタイムで答える機会を設けました。この拡張討論会の一部をお届けします。

  • 4 日夜、一回きりの副大統領候補討論会で、バージニア州上院議員のティム・ケインとインディアナ州知事のマイク・ペンスが対決しました。この討論会に先立ち、デモクラシーナウ!は数人のゲ ストを迎え討論会を行いました。お迎えしたゲストの顔ぶれは、コロンビア法科大学院教授でジェンダーとセクシュアリティ法センター(Center for Gender and Sexuality Law)所長のキャスリーン・フランケ、歴史家で退役大佐そしてベトナム帰還兵のアンドリュー・ベースビッチがいます。彼の最新の著書は、America's War for the Greater Middle East(『大中東圏における米国の戦争』)です。

Syndicate content