« 前  

2016年6月16日(木)

  次 »
  • 米民主党上院議員らが16日、連邦上院で15時間近くに渡る長時間演説でフィリバスターを行い厳重な銃規制を求めました。フロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブへ武装した男が乱射し、49人が死亡、数十人が負傷した事件を受けてのことです。コネチカット州選出のクリス・マーフィー上院議員が主導した今回のフィリバスターは、米史上9番目に長いものとなりました。フィリバスターは16日早朝、共和党が2つの銃規制法案を議会にかけることに合意したことで終わりましたが、この2つの法案とは、全ての銃器購入について共通の身元調査を義務付けること、および「飛行機搭乗禁止テロ警戒人物リスト」に載っている人物の銃器購入を禁止するという2案です。「法律と政策における米憲法ソサエティ」(American Constitution Society for Law and Policy)のキャロライン・フレドリクソン理事長に話を聞きます。

  • 一連の調査報道記事が、ドナルド・トランプがアトランティックシティで行った怪しいビジネス取引を明らかにしています。彼は長年にわたり請負業者へ支払をせず、そして重罪である「意図的な税金詐欺」にあたる行為に参加したということです。まずはトランプが、自分のアトランティックシティのカジノを破産させながらも、どうやって数百万ドルを稼いだかについて見ていきます。「自分の会社が業績不振でも、トランプ自身は儲けた。自己資金の投入はわずかで、個人の負債をカジノに肩代わりさせ、給料やボーナスその他への支払いとして数百万ドルを受け取った。トランプの失敗の責任は、投資家や彼のビジネス感覚に賭けた人々が負ったのだ」と、ニューヨークタイムズ紙のラス・ビュートナー記者とチャールズ・バグリ記者は書きました。2人の記者に記事How Donald Trump Bankrupted His Atlantic City Casinos, But Still Earned Millions(「アトランティックシティのカジノを破産に追い込みながらも、数百万ドルを稼いだドナルド・トランプの手法」)について話を聞きます。

  • USAトゥデイ紙の新たな暴露記事によれば、共和党の大統領候補となる公算が高いドナルド・トランプと彼の事業が、元社員および請負業者への賃金が未払いであると訴えられています。被害者はフロリダ州の皿洗い、ニュージャージー州のガラス会社、カーペット会社、配管工、ウエイター48人、トランプ・リゾートおよびクラブのバーテンダー数十人、そして、かつてこれらの労働裁判でトランプの代理人を務めた弁護士事務所数社までもが含まれています。USAトゥデイ・ネットワークの調査報道記者であり、データ専門家でもあるスティーブン・ライリー記者に話を聞きます。ライリー記者の新たな独占記事はHundreds Allege Donald Trump Doesn’t Pay His Bills(「ドナルド・トランプは支払をしないと数百人が告発」)です。

  • 共和党の大統領候補となる見込みのドナルド・トランプは、自らの納税申告書の公開を拒み続けています。ピュリッツァー賞にも輝くディビッド・ケイ・ジョンストン記者に、トランプがなにを隠している可能性があるかについて話を聞きます。ジョンストンがオンライン・ニュースサイト『デイリー・ビースト』に寄稿した最新記事は”New Evidence Donald Trump Didn’t Pay Taxes”(「ドナルド・トランプが税金を払わなかたという新たな証拠」)です。

Syndicate content