« 前  

2016年3月24日(木)

  次 »
  • ブラジルは、過去20年間で最悪の政治危機に直面しています。保守派中心の野党がジルマ・ルセフ大統領を汚職の罪で弾劾しようと試みているのです。ルセフ大統領は辞職の求めに応じず、弾劾への手続きは、大統領失脚を狙う右派野党による非民主的なたくらみでしかないと主張しています。3月23日、元ブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァは、ルセフ大統領の弾劾手続きを「クーデター」の企てだと語りました。ピュリッツァー賞受賞のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドに話を聞きます。グリーンウォルド執筆の記事Brazil Is Engulfed by Ruling Class Corruption—and a Dangerous Subversion of Democracy(「支配階級による汚職、そして危険な民主主義転覆に巻き込まれるブラジル」)は先日、調査報道サイト「インターセプト」に掲載されました。

  • 3月22日、ブリュッセル空港および、欧州連合本部近くの混雑した地下鉄駅を標的としたテロ攻撃では少なくとも31人が死亡、230人以上が負傷し、ベルギーは喪に服して2日目を迎えました。今回のテロ攻撃は、130人が犠牲となった11月のパリでのテロ事件に関わったとみられるサラー・アブデスラム容疑者が当局に逮捕され手から数日後に起こりました。22日のブリュッセル連続テロを受けて、テキサス州選出のテッド・クルーズ上院議員は「警察の権限を拡大し、ムスリムが過激派思想に染まる前に、かれらの居住地域をパトロールし守る必要がある」と発言。共和党の大統領選最有力候補ドナルド・トランプは、米国境の「閉鎖」だけでなく、尋問での水責めその他の拷問を再度許可すると強調しました。そしてヒラリー・クリントン元国務長官は、シリコンバレーに援助を呼びかけ、「諜報活動増強」によるオンラインでの追跡の手助けを求めました。米大統領選、ブリュッセル連続テロ他について、ピュリッツァー賞受賞のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドに話を聞きます。

  • 共和党上層部が、不動産王ドナルド・トランプの共和党大統領候補指名を阻止しようと試みる中、「イスラエルのための緊急委員会」(Emergency Committee for Israel)製作の新たな反トランプ広告で、同候補は独裁者を支持している主張しています。では、民主党の大統領候補指名を争っているヒラリー・クリントン元国務長官は、これまで独裁者とどのように付き合って来たのでしょうか?今週はじめ、クリントン元国務長官はアメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)の年次会議で演説し、イスラエルにとって自分はドナルド・トランプよりも更に強力な味方だと訴えました。クリントン元国務長官のイスラエル政策および米外交政策全般について、ピュリッツァー賞受賞のジャーナリストで、調査報道サイト「インターセプト」共同創設者のグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。

Syndicate content