« 前  

2016年3月16日(水)

  次 »
  • 15日夜、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンは一連の勝利を収め、それぞれの党の大統領候補指名確保に向けて前進しました。共和党の予備選では、トランプがイリノイ、ノースカロライナ、フロリダ各州で勝利し、地元フロリダ州で敗北したマルコ・ルビオ上院議員は選挙戦から離脱しました。トランプはミズーリ州でもテッド・クルーズを僅差でリードしていますが、勝者が代議員全員を獲得できるオハイオ州では、同州現職知事のジョン・ケーシックが予備選初の勝利を収めました。予備選の結果とメディア報道について、ネイション誌記者のジョン・ニコルズから話を聞きます。

  • 民主党の予備選では、ヒラリー・クリントンがフロリダ、イリノイ、ノースカロライナ、オハイオ各州で勝利し、ミズーリ州でも僅か1,500 票差ですがサンダースをリードしています。15日夜、サンダースが演説を始めると、Fox ニュース、CNN、 MSNBC各局はいずれも場面を切り替えて、演説の代わりに解説者の話と図版の映像を流し、まもなくドナルド・トランプの演説が始まると予告しました。本日はまずクリントンとサンダース両候補の演説を聞き、その後、元オハイオ州上院議員でサンダース代理人のニナ・ターナーとジェニバ・リード=ビールに討論してもらいます。ジェニバ・リード=ビールは、2015年、交通違反取り締まりの職務質問に際して逮捕された後、テキサス州の留置所で死亡し全米での抗議運動に火をつけたサンドラ・ブランドの母親です。

  • オバマ大統領は本日、死亡した連邦最高裁判事アントニン・スカリアの後任としてメリック・ガーランドを指名しますが、共和党はどんな動きに出るでしょう?ガーランドはコロンビア特別区連邦控訴裁判所の主席判事で、中間派とみられています。63歳のガーランドは、過去45年間で最年長の最高裁判事指名候補です。共和党はオバマが指名するあらゆる候補を阻止すると宣言しています。指名発表直前にネイション誌のジョン・ニコルズに話を聞きました。

  • 15日の予備選で投票者 ID 法がはじめて施行されたノースカロライナ州に目を向けます。2013年に共和党が多数を占めるノースカロライナ州議会で成立したこの法は、投票制限の厳しさで全米でも最大級の物議をかもした州法のひとつで、投票所でIDとして認める身分証明書の種類を限定しています。その結果、州の登録有権者の約5パーセント、主にアフリカ系アメリカ人が投票できなくなっています。この法では、学生証、公務員証明書、そして特にアフリカ系アメリカ人が多くもちIDとして使う公的扶助証明証は、投票用の身分証名書として認められなくなりました。認められているのは、パスポート、運転免許証、そして70歳以上は更新を義務づけられないまま有効期限切れになっている身分証名書で、いずれも所有者が白人に偏っている証明書です。有権者の投票増加を目指す超党派組織、デモクラシー・ノース・カロライナ(Democracy North Carolina)代表のボブ・ホールから話を聞きます。

  • フロリダ州で人々は、民主党2名、共和党4名という少人数の候補者リストに基づいて投票に出向きました。そんな中、州の各地で活動家たちは『SquaDD2016』と銘打ったコミュニティによる大統領選を開始しました。これはトレイボン・マーティンの死をきっかけに結成されたフロリダ州の活動家グループ『ドリーム・ディフェンダーズ(Dream Defenders)』の最新のプロジェクトです。2013 年にこのグループは、物議をかもしたフロリダ州の「スタンド・ユア・グラウンド(正当防衛)法(Stand Your Ground)」に抗議して、フロリダ州議事堂を 31 日間にわたり占拠しました。それ以来、ドリーム・ディフェンダーズは投票権及び投票へのアクセスに関する活動を展開してきました。現在のプロジェクトは、ドリーム・ディフェンダーズが首都ワシントン を占拠するとどうなるかを構想するものです。活動のたちあげ用に作られたビデオで SquaDD2016 は、こう説明します。「我々は、いまだ実現していないそのうち偉大になるはずのこの国の未来。ブラックでブラウンで過激でめちゃくちゃうんざりしている。一緒に想像してほしい。我々がこの国の最高府の任を求めて立候補したら、どんなことが可能になるのか」。SquaDD2016 はすでに閣僚を組織していて、副大統領、商務長官、教育長官、2 名の国務長官、司法長官政府、そして政府が嘘をつかないように新規に設けた「影の長官」が揃っています。

Syndicate content