« 前  

2016年3月15日(火)

  次 »
  • 3月15日は「スーパー・チューズデー・パート3」と呼ばれ、フロリダ、イリノイ、ミズーリ、ノースキャロライナ、オハイオの各州と、北マリアナ諸島自治連邦区で民主、共和各党の、予備選挙および党員集会での投票がおこなわれます。共和党の予備選ではオハイオ州とフロリダ州に注目が集まっています。オハイオ州のジョン・ケーシック知事、そしてフロリダ州選出のマルコ・ルビオ上院議員は、それぞれの地元州で勝利をおさめられるのか、それともドナルド・トランプが共和党大統領候補指名をさらに確実にするのでしょうか? バーニー・サンダース上院議員は3月第2週の予備選のミシガン州につづき、またも予想外の勝利をおさめることができるでしょうか? 世論調査によれば、クリントン元国務長官とサンダース議員は、オハイオ、イリノイ、ミズーリ州で接戦となっています。しかし米国の選挙はどれほど民主的なのでしょう? 元オクラホマ州選出の下院議員で、The Parties Versus the People: How to Turn Republicans and Democrats into Americans(『政党対市民――共和党員と民主党員をアメリカ市民に変えるには』)著者、ミッキー・エドワーズに話を聞きます。

  • 元共和党下院議員のミッキー・エドワーズは、現代の保守派政治創始者と呼ばれています。エドワーズは「ヘリテージ財団」(Heritage Foundation)の初代理事会の一員でした。エドワーズは下院共和党政策委員会委員長も務めました。しかし、大統領選や気候変動、グアンタナモ問題に至るまで、現在の米国の政局に対するエドワーズの分析に、視聴者は驚くかもしれません。

  • 「ファシズムは米国で起こりえるのか?」共和党大統領候補が最有力視されるドナルド・トランプがホワイトハウスへますます近づいている昨今、この問が繰り返し問われるようになって来ました。俳優のジョージ・クルーニー、コメディアンのルイ・C.K.、そしてアンネ・フランクの義理の姉妹にあたるエヴァ・シュロスを含む様々な人が、トランプはファシストではないかと指摘しています。3月はじめ、メキシコのエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領は、アドルフ・ヒトラーやベニート・ムッソリーニというファシストの独裁者を引き合いにしてトランプを批判しました。トランプはツイッターで、ムッソリーニの言葉の引用をリツイートしてもいます。ドナルド・トランプは本当にファシストなのでしょうか? ファシズム学の父であるコロンビア大学の社会科学名誉教授で、『ファシズムの解剖学』を含む複数の著書があるロバート・パクストンにこの疑問をぶつけてみました。

Syndicate content