« 前  

2016年2月10日(水)

  次 »
  • 民主党のニューハンプシャー州の予備選で、バーモント州上院議員のバーニー・サンダース上院議員が 60 パーセントを獲得し、38 パーセントのヒラリー・クリントン前国務長官に勝利しました。ニューハンプシャーは、8 年前にクリントンが勝利し、バラク・オバマ上院議員を破った州でした。1 年以上前にニューハンプシャー州で世論調査が始まった時、クリントンは 50 パーセントの差をつけて勝利すると予想されていましたが、サンダースはクリントンへの支持を堅実に切り崩していきました。2月9日にサンダースは、高齢市民や 年収20 万ドル以上の家庭を除くほとんどすべての人口統計分野でクリントンに勝利しました。出口調査によると、30 歳以下の女性 70 パーセントを含む女性投票者の 55 パーセントがサンダースを支持しました。また。30 歳以下では男女あわせて投票者の 83 パーセントを獲得しました。ニューハンプシャー州の勝利を受け、サンダースは主要な大統領予備選で勝利した初のユダヤ系候補となりました。

  • ニューハンプシャー州マンチェスターとの中継で、長年テレビとラジオのホストを務めるアーニー・アーネセンに 9日の予備選への反応を聞きます。アーネセンは 1992 年の州知事選で民主党候補でした。 25 年ほど前からサンダースとクリントンの両方と知り合いです。

  • 共和党の予備選では、9日、ドナルド・トランプがニューハンプシャー州で 35 パーセントを獲得し圧勝しました。オハイオ州知事のジョン・ケーシックが 15 パーセントを獲得し意外にも 2 位となり、テッド・クルーズ、ジェブ・ブッシュ、マルコ・ルビオ、クリス・クリスティーが続きました。

  • 著書Between the World and Me (『世界と私の間に』)で 高い評価を得たタナハシ・コーツが書いたバーモント州上院議員バーニー・サンダースと賠償請求に関する立場に注目した大統領予備選関連記事が話題を呼んでいます。コーツは、アイオワ州で行われた「ブラック&ブラウン フォーラム」にサンダースが出席し、黒人奴隷制度に対する賠償請求は「軋轢が大きすぎる」問題であるため支持しないと表明したことを受けてこの記事を書きました。コーツのサンダース批判は反響を呼びましたが、本日の『デモクラシーナウ!』で、コーツはそれでもサンダースに投票するつもりだと語り、その理由を説明します。

Syndicate content