« 前  

2016年2月1日(月)

  次 »
  • 2016年米大統領選挙戦が幕開けとなり、ホワイトハウスへの道が本日、アイオワ州から始まります。世論調査では両党とも接戦を示しています。共和党では、最有力候補者のドナルド・トランプがテキサス州の上院議員テッド・クルーズを僅かにリードしています。民主党ではバーモント州の上院議員バーニー・サンダースがかつてはヒラリー・クリントンに40ポイントも差をつけられていましたが、猛追し接戦となっています。アイオワ州は全米でも白人比率がきわめて高い州の一つですが、各党の大統領候補を最初に選ぶ州であるため、アイオワ州党員集会は選挙戦のなかで過大に大きな役割を果たします。大統領選挙運動はいまでは、アイオワ州での対決の1年前から始まり、実際の選挙日2016年の11月まで約2年がかりになっています。候補者たちは数ヶ月間、州に足を運び、有権者たちは1億5000万ドル以上の政治広告にさらされます。アイオワ州デモインからラジオ番組「ファロン・フォーラム」のホストで元アイオワ州議会議員のエド・ファロンに話しを聞きます。ファロンは、バーニー・サンダースの支持者です。もうひとりのゲスト、ウェイン・フォードは「アイオワ・ブラック&ブラウン大統領フォーラム」(Iowa Brown and Black Presidential Forum)の共同創立者兼共同議長、ヒラリー・クリントンを支持しています。フォードは元アイオワ州議会議員でアイオワ州で最も長く任期を務めた黒人議員です。

  • アイオワ州党員集会が全米の注目を集めていますが、あまり語られることのない地元の問題を見てみましょう。アイオワでは州を対角線上に横切って原油を輸送するバッケンパイプライン建設案をめぐり、論議が白熱しています。バーニー・サンダースはアイオワ州で遊説した際、このパイプラインをとりあげて、ライバルであるヒラリー・クリントンとの違いを強調しました。アイオワ州デモインからジャーナリストで歴史家のジェフ・ビガーズに話しを聞きます。ビガーズはアイオワ大学の招聘作家で「気候を語るプロジェクト」(Climate Narrative Project)の創立者です。

  • アイオワ州党員集会は通常の大統領予備選とは異なります。党員が集まり、推薦したい候補者について論じ合ってから、投票を行います。党員集会の会場は、個人の自宅、教会、ジム、ホール、図書館、居酒屋、穀物倉庫など多岐にわたります。地域社会によって参加者の数は異なり、一般にデモインのような都市では1000人にのぼりますが、人口の少ない地域での集会では数十人以下にとどまります。本日決まる代議員の数は、候補者が党の指名を獲得するために必要な代議員総数の1%にすぎません。民主党と共和党は党員集会に関してそれぞれ独自の規則を定めています。「地域社会の向上をめざすアイオワ州民」(Iowa Citizens for Community Improvement)代表のヒュー・エスペイに今晩、何が行われるのか、実際のプロセスを解説してもらいます。

Syndicate content