« 前  

2015年10月28日(水)

  次 »
  • サウスカロライナ州の高校で警官が10代の女生徒を床に投げ倒し、教室から引きずり出す様子を捉えた衝撃的なビデオ映像が明るみに出ました。10月26日にインターネットで拡散されたこの映像には、警官のベン・フィールズが席についている女生徒に近づき、首に腕を回して机ごと床に投げ倒すところが撮影されています。フィールズはそのまま女生徒を教室の外に引きずり出します。女生徒は逮捕されました。この暴行を撮影した生徒も逮捕され、保釈金1,000ドルで釈放されました。事件は女生徒が教師に携帯を渡すのを拒否したことが発端となったと報道されています。今回の事件は、学校常駐の警官が生徒に対して過剰な暴力を行使した一連の事件の最新例です。

    最新情報:サウスカロライナ州当局は、ベン・フィールズ警官が解雇されたと発表しました。

  • 校内で起きた最も衝撃的な警官暴行事件のひとつは、2013年11月に17歳のノイ・ニニョ・デ・リベラが警官にスタンガンで打たれた後、52日間にわたり、医療行為から生じたこん睡状態に陥った事件です。デ・リベラの脳の障害は生涯残ります。2014年、テキサス州のバストロップ郡は連邦裁判所への訴訟でデ・リベラの家族と77万5千ドルで和解しました。デ・リベラの弁護士アダム・ローウィーに話を聞きます。

  • ニューヨーク市では、公立校を巡回する警察官の数は5千人を超えています。この数字はスクール・カウンセラーと校内ソーシャルワーカーの総数を上回ります。全米では1万7千人の警官が学校に常駐しています。教室で学生が逮捕されるとどうなるのでしょうか。多くの専門家たちが学校と刑務所を直結する「学校‐刑務所パイプライン」を懸念しています。

  • 今週公開される新作ドキュメンタリー映画は、米国内の銃による暴力に取り組む意外な組み合わせの2人に焦点を当てています。アビゲイル・ディズニー監督のThe Armor of Light(『光のよろい』)が追うのは、中絶反対運動で知られる福音派伝道師のロブ・シェンク牧師と、息子のジョーダン・デイビスを射殺されたルシア・マクバスです。アフリカ系アメリカ人で10代だったジョーダン・デイビスは、2012年にガソリンスタンドで騒がしい音楽をかけていたことで中年の白人と口論になり、射殺されました。殺人犯のマイケル・ダンは後に、仮釈放のない終身刑に処されました。シェンクは、自分が銃の問題を公に発言するきっかけを作ったのはマクバスだと話します。シェンクを動かしたのは「息子を失う苦痛と恐怖を体験した後の彼女の情熱でした。たとえ大きなリスクを負うことになろとも私も発言しようと決心する引き金になりました」とシェンクは言います。「私たちのコミュニティでは、銃のような社会問題で正統とされている見解から離れると、背教者あるいは離反者とみなされますから。」

Syndicate content