« 前  

2015年9月28日(月)

  次 »
  • エジプトのアブドルファッターフ・エル=シーシ大統領は9月23日、収監中のアルジャジーラ記者2人モハメド・ファフミおよびバヘル・モハメドを含む100人に恩赦を与えました。2人は当初、オーストラリア人記者のピーター・グレステと共に、民主的に選出されたムハンマド・ムルシ大統領が2013年に解任された後のアルジャジーラへの取り締まりの一環で逮捕され、1年以上収監されました。アムネスティ・インターナショナルは「今回の恩赦に大変安堵しているものの、恩赦対象の中にはそもそも拘束されたこと自体が理不尽だった人々が含まれています」と声明をだしています。ファフミ、モハメド、グレステ各記者は当初、エジプト政府が「テロリスト組織」と見なす「ムスリム同胞団」を支持する「虚偽の報道」を行ったなどのテロリズム罪で7~10年の禁固刑を言い渡されました。ファフミとモハメド両記者は恩赦を与えられましたが、ピーター・グレステ記者への恩赦は出されていません。グレステは、現在、ニューヨークを訪れ、国連総会に出席するシーシ大統領に恩赦を求める働きかけを行おうとしています。グレステに同僚2人の恩赦について、そしていまも続く自らの恩赦を求める活動について話を聞きます。

  • アルジャジーラのピーター・グレステ記者が、虚偽の報道を行ったとしてエジプトで刑務所に収監された経験を語ります。「場所がどこであれ投獄はつらい経験です。エジプトの刑務所は生半可な場所ではありません。刑務所に移送される前、私は警察の留置所2ヶ所に入れられました。警察の留置所は、私の人生の中でも最も辛い経験のひとつだったといえます。留置所は一部屋が2.4平方メートルほどの箱で、一方の隅にトイレ、もう一方の隅にシンクがあり、隅に扉とごく小さな換気扇がついていました。その箱の中に16人が詰め込まれていました。超満員状態でした。信じられないほどのぎゅうぎゅう詰めです2そこに来て約6か月もたつのに、まったく外に出してもらえない人が2人いました。驚きショックを受けました。」

  • アルジャジーラのピーター・グレステ記者はエジプト政府により自身が勾留される前、世界各地の難民危機を取材していました。グレステは、自国オーストラリア政府が、難民を収容している勾留施設への記者の立ち入りを拒否していることを批判しています。「政府は(亡命希望者を)メディアの目の届かない、遠い島に閉じ込め、メディアの接近を拒否しています。国家安全保障のための取材拒否でないことに、私は強い反発を感じています。こうした勾留施設へのジャーナリストの立ち入り拒否を正当化することはできません。民主主義国家では政府は国民を代表し、有権者、納税者である国民のために仕事しているはずです。国家安全保障に関わる、非常に明確で、非常に具体的な理由に基づいて立ち入りを拒否するするのでない限り、亡命希望する人たちに会わせない理由はありません。我々には、国が我々の名の下に何を行っているのか、知る権利があります」

    画像クレジット:Adam.J.W.C. / クリエイティブ・コモンズ

Syndicate content