« 前  

2015年4月6日(月)

  次 »
  • 死刑囚アンソニー・レイ・ヒントンが無罪となり、アラバマ州の監獄から釈放されて から数日が経ちました。無実の死刑囚として過ごした30年近くの年月をヒントンが語ります。ヒントンは1985年、ファーストフード店経 営者2名の殺害容疑により別々の強盗事件で有罪宣告を受けました。しかしその証拠は乏しく、後に虚偽だったことが判明しました。ヒントンは、無実の証明となる証拠の提出 から釈放されるまで、最も長期間にわたって収監され た死刑囚の1人になります。ヒントンと公正な裁きのイニシアチブ(Equal Justice Initiative)弁護士でヒントンの弁護を担当したブライアン・スティーブンソンに聞きます。この事例は、人種、貧困、不十分な法的援助、無実に対 する検察官の無関心が重なり合って、不 正義の典型例になったとスティーブンソンは言います。「無実の貧者より罪を 犯した金持ちを優遇するアメリカの刑事司法制度への批判として、この件は強力な証明になります」。

  • 1983年ルイジアナ州の宝石店主を射殺した罪で死刑囚と なり、以来30年間収監されていたグレン・フォードは新たな証拠により嫌疑が晴れ、2014年3月に釈放されました。アフリカ系アメリカ人のフォードは全員が白人の陪審員により裁かれました。ルイジアナ最高裁判所は2000年、犯罪に当初関与したとみられる兄弟に関する有利な証 拠を検察側がもみ消したとするフォード側の主張を審理する 予備審問を命じました。2013年には身元不明の情報提供者が、兄弟のうちの一人が宝石店主の射殺を認めたことを検察官に告げていました。2014年、フォードは釈放さ れましたが、その直後に2度目の死刑宣告を受けました。ステージ3に進行した肺がんの宣告です。現在では骨、リンパ腺、脊柱に転移しステージ4に進行しました。弁護士は ニューオリンズのホスピスに入院したと言っています。刑 務所職員と医療当 局は2011年には彼の癌を知っていたにもかかわらず治療を拒否したとして、フォードは連邦訴訟を起こしました。グレン・フォードは最も長期間にわたって収監された後に釈放された死 刑囚の1人です。ルイジアナ州法では最高33万ドルを賠償請求できますが、より軽度の犯罪2件に関与していたとして、裁判所は先週フォードの請求を却下しました。フォード の殺人事件で主任検察官を務め、現在は彼の賠償を支持するマーティ・ストラゥ ドに話を聞きます。ストラゥドは、米紙シュリーブポート・タイムズ紙に宛てた3頁にわたる手紙の中で、死刑制度はもはや支持しないことを 表明し、謝罪しました。「私がグレン・フォードと彼の家族にもたらしたすべての苦悩を謝罪します」。

  • 米国を代表する薬剤師協会が、死刑執行に使用する薬剤の提供を中止するよう会員に命じました。この方針転 換は、死刑を実施する州の執行を更に難しくさせることもありえます。2015年3月後半、 米国薬剤師会(APA)の代表団が採択した宣言によると、「死刑への参加は医療を提供すべき薬剤師の役割と本質的に矛盾 する活動であり、APAは薬剤師の参加を阻止する」としています。6万2千人の会員を抱えるこの組織は、薬剤師に関す る倫理規定の責任者です。しかしその規定に法的強制力はありません。 薬剤師達は現在、医師および麻酔科医と共に、会員の死刑参加を阻止する倫理規定をもつ全国組織の立ちあげを行っています。死刑用薬物の提供に反対するAPAの新方針を共同作成した元 薬剤師のレナード・エドロー氏に聞きます。昨年APAの特別功労賞を受賞しました。 40年間、地域薬局のオーナーとして経営した後、現在ヴァージニア州で牧師を務めています。

Syndicate content